塗装工事でいちばん楽しいことといえば、まず色選びですよね。外壁塗装は1度したら大体10年ほどすることがありません。

「出来上がってみたら、イメージしていたのとちょっと違う・・・」ということになっても、10年ほどはそのままの色なのです。

ウオハシは、お客様に満足していただけるリフォームを目指しております。そこで、このページでは色選びのポイントをご紹介いたします。

面積効果で明るさが変わって見える

カタログで見る色よりも実際に外壁に塗ったときの色のほうが明るく感じられます。このように、まったく同じ色でも面積の大きい小さいによって色の見え方が変わることを「面積効果」といいます。

そのため、少し濃いめの色を選ぶことがコツとなります。そうすれば、外壁に塗ったときに明るく見えるので最終的にイメージしていた色に近くなるのです。

カタログ

小さい面積・・暗く見える(低明度)
大きい面積・・明るく見える(高明度・高彩度)

汚れや劣化が目立ちやすい色は?

真っ白、真っ黒

塗りたてのときはとてもきれいな外観です。しかし、年月が経てば外壁には汚れがつくもの。

白や黒は汚れが目立ちやすいので、外壁にはあまり向いていません。それでも白や黒が良いという場合は、白や黒の中でもなじむ色を選びましょう。

原色系

真っ赤、真っ青などの原色系は、年月が経つと顕著に色が薄くなっていきます。そうすると、「古びた家」に見えてしまうのです。太陽や雨の当たり方によって、色がまだらに褪せているのはあまり美しい外観とはいえません。

それでも原色系にしたい場合は、定期的なメンテナンスを行えば長く塗りたての色を楽しむことができます。

例

鮮やかな色は色あせや変色がしやすい → 落ち着いた色がおすすめ!

変えられない部分を生かす

お家の変えられない部分塗装できない部分とのマッチングを考えるのもポイントのひとつです。その「変えられない部分」というのは、サッシや玄関ドア、カーポート、外構など塗装しないところと、お家自体の形状です。

まず、サッシや玄関ドアなどは何色かチェックしてみてください。サッシはたいていのお家でシルバーや茶色などに統一されています。外壁の色を選ぶ際には、外壁だけでなくこれらの色も頭に入れて、お家の外観バランスを崩さないように気を付けましょう。

次に、お家の形状を確認してください。ベランダや玄関だけボコッと出ている、出窓があるなど凹凸がありますよね。ただ1色に塗るのではなく、凹凸で色を変えて塗るのもデザイン性があり、おしゃれに仕上がるので人気があります。

    1階と2階で色を変えるツートンカラーもよく見られます。

カラーサンプルは太陽の下で見る

工事の打合せやご家族での話し合いなどは、室内ですることが多いかと思います。しかし、まったく同じ色でも室内(照明)と屋外(太陽光)では見え方がずいぶん変わります。

外壁はもちろん屋外にあります。「イメージと違う」という外壁塗装の失敗の多くは、室内で色決めをしたことによるのです。

サンプルを実際にお家の外壁に当てて、どんなふうになるのか具体的なイメージを掴みましょう。

  • 屋内、蛍光灯の下

  • 屋外、太陽光の下

  • お家の外壁に合わせてみるといろんな発見が

周囲の景観を考える

あまり個性的な色や悪目立ちする色だと、景観が損なわれてしまいます。また、トラブルの原因にもなりますので、地域に溶け込まない色は避けるのがベスト。

一度、ご自宅周辺の建物を見渡してみてください。「自分の家の色は周りに調和するか?」「新しい外壁の色で町並みがさらに美しくなるか?」など想像しましょう。

向こう3軒はもちろん、町全体で見ても違和感がない色選びが重要です。

ご近所を散歩する

最初から「〇色にする!」と決めるのではなく、「〇系かなぁ」と色の雰囲気だけイメージして、お家のまわりを散歩してみるのがおすすめです。意識しながら、たくさんのお家を見て「良いな」と思う色、景観になじむ色を探しましょう。

このとき気を付けることは、天気と時間帯です。晴れ・くもり・雨そして朝・昼・晩でまた色の見え方が変わります。

人気の色は?

ベージュ、クリーム、アイボリー

    • ベージュ、クリーム、アイボリー施工事例
    • ベージュ、クリーム、アイボリー施工事例

    清潔感やおしゃれな印象を与える白系の色。

    完全な真っ白は汚れが目立ちやすい欠点があり、薄くクリーム色を入れたような色がダントツ人気です。

    シンプル、無難、周りに溶け込みやすいという理由からよく選ばれます。

ブラウン

    • ブラウン施工事例
    • ブラウン施工事例

    ブラウン系の色は、高級感や落ち着いたシック雰囲気を出すことができます。

    アイボリーとの2色塗りが特に人気です。

イエロー

    • イエロー施工事例
    • イエロー施工事例
    • イエロー施工事例
    • イエロー施工事例

    ヨーロッパのお家のような黄色も人気を集めています。

    雨樋などの付帯部を白系にするか黒系にするかでも印象がぐっと変わります。

ピンク

    • ピンク施工事例
    • ピンク施工事例
    • ピンク施工事例

    可愛らしいピンク色。「奥さんがピンクが好き」「孫のために」といった理由から選ばれています。

    暖色なので、あたたかみのあるアットホームな印象を与えてくれます。

寒色

    • 寒色施工事例
    • 寒色施工事例

    ブルーやミントグリーンなどの寒色はさわやかでクールな印象を与えます。

    ガラッと印象を変えたり、さりげなく個性を出したりすることができる色です。

クリヤー

    • クリヤー施工事例
    • クリヤー施工事例

    サイディングの外壁には無色の塗料も人気です。

    石目調、レンガ調など模様のあるサイディングボードは、上から塗装してその模様を再現することはできません。しかしクリヤー塗装なら、模様はそのままに外壁を保護することができます。

    ただしサイディングボードが劣化してしまっていると、その劣化した見た目のままになってしまうので、きれいに仕上がりません。

    そのため、サイディングボードが劣化する前、つまり旧塗膜が剥がれてきた段階でクリヤー塗装を行わなければなりません。

ウオハシの3つのこだわり

  • こだわり1
    大きなカラーサンプル

  • こだわり2
    3Dの完成予想図

  • こだわり3
    年間80棟超の経験

こだわり1 大きなカラーサンプル

    • カラーサンプル

    A4サイズのカラーサンプルをお作りして、よりイメージを掴んでいただきやすくしています。

    A4サイズのサンプル在庫がない場合はメーカーに発注します。

    何色かで迷われているときは、いくつかサンプルをお持ち帰りいただき、じっくりご家族で話し合ったり、時間帯や天気でどんなふうに色の見え方が変わるのか実感してください。

    いろんな色を揃えております。表面がツルツルのもののほかに、吹き付け模様やサイディングの凹凸を再現したものもありますので、より外壁に近い形でご確認いただけます。

こだわり2 3Dの完成予想図

    • パース
    • パース
    • パース

    パース(立体の完成予想図)をお作りすることができます。

    全体のイメージを掴んだり、屋根との相性をチェックしたりするのに役立ちます。

    また、多色塗りの場合は、どこにどんな色を塗るのかをしっかり把握していただけます。

こだわり3 年間80棟超の経験

    • 集合写真

    ウオハシは創業121年、外装リフォームは年間80棟以上の実績があり、経験豊富なスタッフが揃っております。

    最近の流行やお客様のお家の形状・和風か洋風かなどに合わせたアドバイスをさせていただくことができます。

    お客様の納得がいくまで十分に時間をかけて、楽しみながら色選びをしていただけます。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら