加古川市・高砂市で外構リフォームならウオハシ


 
平成30年6月に発生した大阪北部地震では、

ブロック塀が倒壊し痛ましい事故が発生しました。

 

これを受け、加古川市・高砂市は

ブロック塀撤去費の補助金を交付しています。


 
塀を危険な状態で放置して倒壊による事故が発生した場合、

所有者の管理責任が問われます。

 

点検や撤去など、早急な対応が必要です。

 

 

こんなブロック塀は危ない!

 

(参考画像:国土交通省)

 

<ブロック塀のチェックポイント>

・塀の高さが2.2mを超えている

・塀の厚さが10cm未満(※塀の高さが2~2.2mの場合は15cm未満)

・控え壁がない(塀の高さが1.2m以上の場合)

・基礎がない

・塀に鉄筋が入っていない

・塀に傾きやひび割れがある


 
上記の項目にひとつでも当てはまると危険です。

 

 

ブロック塀の寿命とメンテナンス

 

ブロック塀の寿命は30年ほどといわれています。

しかしこれは、設計の段階で法的な基準を満たし、

定期的にしっかりメンテナンスを行った場合の寿命です。

 

何もメンテナンスを行わなかったり、

基準に満たない設計がされたブロック塀の寿命は

10年から15年ほどになります。

 

メンテナンスを行わなければどんどん劣化が進むブロック塀。

メンテナンスにも費用が掛かりますので、

いっそのこと解体・撤去してしまうのもひとつの手です。

 

 

加古川市・高砂市の補助金制度

 

危険な塀(コンクリートブロック塀・れんが・石積みを含む)を撤去する工事に対し、

その費用の一部を補助する制度があります。

 

 

<加古川市>

最大20万円が補助されます。

 

令和2年3月末までに工事を完了しなければいけません。

ブロック塀の全部を撤去する工事のほか、塀の高さを80cm未満に下げる部分的な撤去も対象です。

補助金の交付決定通知を受けるまでに契約・工事着手すると、補助は受けられません。

 

条件や補助金の計算方法など、詳しくは加古川市ホームページをご覧ください。

 

 

<高砂市>

個人住宅、自治会等の集会施設 最大20万円

保育所、認定こども園 最大90万円

社会福祉施設 最大160万円

が補助されます。

 

令和元年12月27日までに申請しなければいけません。

(ただし、予算に達し次第終了します。)

塀の高さを下げる工事は対象外で、ブロック塀の全部を撤去する工事のみ対象です。

補助金の交付決定通知を受けるまでに契約・工事着手すると、補助は受けられません。

 

条件や補助金の計算方法など、詳しくは高砂市ホームページをご覧ください。

 

 

加古川市・高砂市でのブロック塀撤去の施工事例

 

加古川市N様邸(工事費用:約20万円)

ブロック塀の1番上の段が取れてしまったのをきっかけに

ごっそり撤去して、車を駐車場に入れやすくしました。

<詳しくはこちらをクリック>

 

 

加古川市I様邸(工事費用:約175万円)

家の前面にたっていたブロック塀を撤去。

庭をコンクリートで舗装して駐車場を作りました。

<詳しくはこちらをクリック>

 

 

高砂市G様邸(工事費用:約190万円)

ブロック塀を撤去して伸縮性門扉を設置しました。

コンクリート舗装も行い、広くて使いやすい駐車場になりました。

<詳しくはこちらをクリック>

 

 

 

☆ブロック塀の規模によって、工事費用や期間は変わります。

☆撤去するだけではなく、

 「プライバシーを確保するためにフェンスをたてる」

 「駐車場をつくるためにコンクリート舗装する・カーポートを設置する」

 「花壇をつくる」などの工事もいっしょにされる方が多いです。

 

 

まずはお電話orお問合せフォームからご連絡くださいませ!

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら