全面リフォーム (担当)長野

「水廻りが古くなってきた」「カーペットにへこんでいるところがあるので直したい」と、ご相談をいただいた明石市S様邸。
今週より工事が始まりましたので、その様子をお伝えします

 

img_9356 img_9358

お住まいはマンションですので、エレベーターなど共有部分も養生を行いました。

 

はじめにリビングのカーペットを剥がして、床のへこみを直します。
S様邸のカーペットは、マンションでよく用いられる「グリッパー工法」で張られていました。

 

「グリッパー工法」とは・・・

gripper_img01

部屋の端に「グリッパー」というクギのようなものを取り付けます。
そのグリッパーにカーペットを引っかけてピンと伸ばして張る、という施工方法のことです。

 

S様邸はフローリングに張り替えるので、このグリッパーや下地フェルトが不要になります。
グリッパーを撤去しますと・・・

img_9353

コンクリートがどうしても割れてしまいます。
これでは床の高さをきれいに揃えることができないので、「レベラー」というセメントのようなものを流します。

 

img_9352

しかし、レベラーは水気があってゆるいもの。
↑このようにヒビ割れなどの隙間があったら、下の階などへ侵入してしまいます。

 

img_9347

そこで、コーキングを充填します

 

img_9350

より状態の悪いところにはウレタンを。
ウレタンはコーキングよりも硬い建材です

 

img_9349

リビングは↑このようになりました。
次回のブログで、「レベラー」を施工する様子をお伝えします


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら