外壁塗装・屋根重ね葺き(担当:森多)

 

築12年の一戸建てにお住まいの加古川市Y様。

奥様が社長の魚橋の同級生で、

「よく知っていて信頼できる」ということで

今回お声掛けくださいました。

 

年数でいうと手入れの時期が来ていたのですが、

現地調査をさせていただいたところ

外壁も屋根もそこまで悪い状態ではありませんでした。

 

しかし「早目にメンテナンスして長持ちさせたい」

とお考えで、外壁塗装と屋根重ね葺き工事を

させていただくことになりました。

 

はじめに足場を組み立てました。

 

外壁は2種類のサイディングで仕上げられていて、

おしゃれな外観です。

 

外壁サイディングの目地のコーキングを打ち替え、

サッシまわりにコーキングを増し打ちしました。

 

そのあと石目模様のサイディング部分に

クリヤー塗装を施しました。

 

クリヤー塗装に使用したのは、

日本ペイントの

「ピュアライド UVプロテクト4Fクリヤー」。

 

耐久性の高いフッ素系の塗料です。

紫外線吸収剤が入っており、色褪せを最小限に抑えてくれます。

 

クリヤー塗装用の色が付いていない透明な塗料なので、

サイディングの石目調の模様はそのままに

艶のあるきれいな仕上がりになりました。

 

サイディングの模様が傷まず残っているうちに

こうして塗装することで、

意匠性のある模様を長くきれいに保つことができます。

 

石目調模様ではないサイディング部分は

日本ペイント「パーフェクトサーフ」で下塗りしたあと、

「パーフェクトトップ」で中塗り・上塗りをしました。

締め色として黒色に仕上げました。

 

 

↓次に屋根工事の様子です。

屋根にはカラーベストが葺かれていました。

 

棟やケラバに付けられていた板金を取り外しました。

 

既存屋根の上に

「ディーズルーフィング ディプロマット」を

重ねて葺きました。(カバー工法)

 

ディプロマットは金属製の軽量な屋根材で、

耐久性・断熱性・防災性も兼ね備えています。

 

また、表面は自然石粒素材なので意匠性も◎

 

カバー工法で屋根を新しくしたいけれど、

金属屋根の見た目が苦手・・・

という方にもおすすめです!

 

Y様邸のように、既存の屋根が悪くなっていないうちに

新しい屋根材を葺くことで、

雨漏りなどのトラブルが発生するリスクを

大幅に減らすことができます。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら