従来型の「握ってひねる」ハンドルから、より操作が楽に、より使いやすく進化したキッチンの水栓。操作性だけでなく、省エネや節水性能が高いのも魅力です。

 

水栓を替えて光熱費を削減できる

昨今のキッチン水栓の主流は、1本のレバーで操作するシングルレバー混合水栓です。レバーを動かすことで、温度を調節しながら吐水できるのが特長!
従来型のシングルレバー混合水栓には意外な欠点がありました。それは、レバーの定位置ともいえる中央部では、水とお湯が混ざって出るつくりになっていた点です。このため、水だけ出しているつもりでも、無意識のうちにお湯も一緒に消費してしまいがちでした。

最近は、中央部では水だけが出るように改善されたものもあります。また、レバー操作で水とお湯の切り替えがわかるよう、境になる部分にカチッという手ごたえ感を設ける工夫もされています。
お湯のうっかり消費が減れば、給湯器の無駄な作動が減る分、光熱費の節約につながります。

 

節水機能も向上して家計にやさしく

従来型の水栓では1分間に流れ出る水量は6リットルが最適といわれていました。これを5リットル以下に減らして節水できる水栓もあります。空気を含んだシャワー状に吐水することで、吐水量を減らしても使い心地は変わらず快適です。
平均的な4人家族で1日約16リットル、年間で約5800リットルの節水につながるという試算結果が出ています。

たとえば、クリナップの「バブルシャワー水栓」。
水流に空気をたっぷりと含んでいるため、水はね・水音が抑えられるだけでなく、野菜を包み込むようにやさしく洗うことができます。

 

進化した最新水栓でよりエコに

レバー操作不要のタッチスイッチ水栓もあります。スイッチに触れるだけで吐水・止水ができるので、両手がふさがっていても手の甲や手首で操作が可能。
また、手をかざすだけのタッチレス水栓も登場しています。これなら手が汚れていてもレバーに触れる必要がありません。
このように、より進化した水洗なら、こまめに水を止められ、無駄に使う水の量をぐっと減らせます。

LIXILの「ナビッシュ」。
センサー式なので、きれいに使えてお手入れも簡単。省エネ効果もあります。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら