防犯リフォーム

年々増加する空き巣被害。あらゆる手口で侵入を図る空き巣から家族と家財を守るために、窓の防犯設備を見直してみませんか?

 

○空き巣の侵入口NO1は「窓」

住宅を狙った空き巣の侵入口で最も多いのが窓。窓ガラスを割り、そこから手や工具などを使って鍵を開け浸入する手口が主流です。
一戸建てはもちろんのこと、マンションなどの中高層住宅でも、手すりを足場にしてベランダから侵入するケースがあるので要注意。でも、窓にひと工夫するだけで、住まいの防犯性がぐっと向上します。

 

「一戸建て住宅」「その他の住宅」「中高層住宅(4階建て以上)」を対象とする「空き巣」「忍込み」「居空き」の侵入口。
警視庁統計資料より。

 

○補助錠でワンドア・ツーロックに

窓の防犯性能を高めるためには、「侵入に時間がかかる窓」にするのが効果的。侵入に5分かかると、7割の泥棒が諦めつというデータがあるほど泥棒は時間がかかるのを嫌がります。
そこでおすすめなのが通常の内鍵のほかに、補助になる鍵をプラスして「ワンドア・ツーロック」にすること。鍵を開けるのに手間と時間がかかるので侵入を断念させやすいのです。最近は、工具不要で簡単に取り付けられる補助錠も販売されているので、被害に遭う間にできるだけ早く取り入れることをおすすめいたします。

 

日本ロックサービス「はいれーぬ」
アルミサッシにねじ止めする。ドライバー1本で取り付け可能。補助錠は上下1つずつ取り付けると、さらに防犯性能がアップします。

 

○貫通に時間がかかる防犯ガラス

破るのに時間がかかる防犯ガラスの窓は、防犯性を大きく高める対策のひとつ。防犯ガラスとは2枚のガラスのあいだに、割れにくい性質をもった特殊な樹脂フィルムが挟み込まれているものです。表面のガラスが割れても、貫通させるのに時間がかかるので泥棒が嫌がります。
防犯ガラスに補助錠をプラスすれば鬼に金棒なのですが、そこまで防犯対策を行っていてもうっかり鍵をかけ忘れては無意味。カギのかけ忘れによって侵入されるケースは意外と多いのです。戸締りだけはくれぐれもお忘れなく。

 

旭硝子の防災・防犯ガラスの断面イメージ図。
防犯ガラスは2枚のガラスのあいだに特殊フィルムをはさんだもの。フィルムの厚さによって防犯性能が変わる。ガラスの飛散も抑えるので、災害への備えにも。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら