加古川市・高砂市で自然素材リフォームならウオハシにお任せ

天然素材の優しい質感や香りに包まれた暮らし、憧れますよね。
好みの素材をインテリアに取り入れればほっと安らぐ我が家になります♬

 

調湿効果で空気を爽やかに

天然素材には、たくさんの種類があります。
たとえば、日本で古くから使われている畳や障子もその1つ。無垢材の床、珪藻土や漆喰の壁も天然素材の代表格です。
最大の特長は「呼吸をしている」といわれるくらい調湿効果があること。たとえば無垢材は、製造後も湿気を吸ったり吐いたりしながら湿度を調節。コンクリートの10倍ともいわれる優れた断熱効果もあります。フローリングに無垢材を使用すれば、1年中素足で過ごせるほど快適です。

珪藻土は土の1粒1粒に吸水性をもつ穴がたくさんあるので、調湿だけではなく脱臭効果も期待できます。調湿や断熱効果はエアコン代の節約にも。化学物質を使わないのでアレルギーやシックハウス症候群など、健康被害の心配がないのもポイントです。

 

珪藻土を使用したリビング。洋風の空間に和のテイストを加えるのにも最適。(四国化成)

 

珪藻土は仕上げ方(塗り方)によって、さまざまな表情を楽しめる。

 

<<天然素材いろいろ>>
・無垢材:湿度を快適に保つ。素足でも気持ちいい。断熱効果がある。
・珪藻土:湿度を快適に保つ。脱臭効果がある。耐火性能が高い。
・漆喰:耐久性が高い。カビが生えにくい。音が漏れにくい。
・和紙:通気性に優れている。保温性がある。重ね貼りもできる。
・障子:結露を防ぐ。夏は涼しく冬暖かい。通気性がある。
・畳:湿気を吸収する。音を吸収する。クッション性がある。

 

経年変化も味わいの1つ

一方で無垢材は傷がつきやすく、時間が経つにつれ飴色に変色していくという特徴もあります。
また、表面を保護するためのワックスがけなど定期的なお手入れも必要です。とはいえ、手をかけた分だけ愛着が増すということも。色の変化を味わいとして楽しめるという側面もあります。

 

温かみと高級感を兼ね備えた天然木の床材。木の表情が美しい。(ウッドワン)

 

まずは面積の広い壁から

加工に手間と時間がかかるため、ややコストが高くなる天然素材。
インテリアを丸ごと天然素材にリフォームするのが難しい場合は、壁から変えるのがおすすめです。壁は床よりも面積が広いので、より天然素材のメリットを感じられます。
思いっきり深呼吸ができる快適な住まいを手に入れてみませんか?

 

加古川市での自然素材リフォームの施工事例

<加古川市S様邸>工事費用:約900万円、工事期間:約7か月間

築30年を迎え、ご夫婦も60代に。
「これからも長く安心して健康的に暮らせる家を作りたい」と、自然素材を使用したバリアフリーリフォームをご希望されていました。

 

ほぼ全面に杉の無垢材を使用して作ったリビング・ダイニングです。「木」本来の風合いや重厚感、ぬくもりが感じられます。 
木が湿気を吸ったり吐いたりするので、反りや変形が出やすいのですが「それもまた味わいがあって良い」とS様。

完成写真では見ることができませんが、今回使用した断熱材はセルロースファイバー。
新聞紙から作られた、人にも地球にも優しい素材です。

 

間仕切り壁の開口部にはめた格子は職人の手作り。
「数年前に増築した影響でキッチン・リビングが昼間でも暗い」というお悩みが解消されました。

 

リフォーム前の玄関です。数年前に敷台を設置するリフォームをさせていただいておりました。

 

こちらも無垢材を使用。以前よりも幅が広く安定性のある敷台と手すりを設置して、より安全な玄関になりました。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら