加古川市・高砂市で屋根工事ならウオハシ

 

「スレート屋根」は、多くの新築住宅で採用されている屋根材。

施工が簡単、軽くて地震に強い、価格がお手頃、などが人気の理由です。

「コロニアル」や「カラーベスト」と呼ばれることもあります。

 

スレート屋根の寿命はだいたい10~20年で、一般的には新築または前回のメンテナンスから10年を目安に塗り替えを行うのが良いとされています。

屋根は太陽の紫外線や雨風を直に受けるので、年々劣化していき防水性が薄れていきます。

そして、ほぼむき出し状態になったスレート屋根は雨水や夜露をどんどん吸水してしまい、強度が低下します。

最悪の場合、スレートが吸収した雨水がお家の内部にまで浸み込み、雨漏りにつながることも。

そうなると大がかりな補修が必要となり、費用もかさみます。

適切な時期に適切なメンテナンスを心がけましょう。

 

☆葺き替えで新築同様に

葺き替えとは、古い屋根材を撤去して新しい屋根材に取り替えることです。

屋根をぜんぶ取り替えるため、工事が大がかりになり費用もかかります。

下地まで新しくするので、屋根は新築同様に生まれ変わります。

 

新しい屋根材にはスレートのほか、ガルバリウム鋼板やアスファルトシングルなどが使われます。

最近では、耐震性を重視して既存の屋根より軽い屋根材を選ばれる方が多くなっています。

 

 

☆重ね葺きでコストカット

一方、重ね葺きとは今ある屋根の上に新しい屋根材を重ねることです。

カバー工法ともいいます。

既存の下地を再利用するので、下地が傷んでいなければ施工できます。

 

新しい屋根材には、葺き替えと同じくガルバリウム鋼板やアスファルトシングルなどが使われます。

新しい屋根材の分だけ屋根の重量がプラスされるため、耐震性の問題がないよう軽量なものを選びます。

 

重ね葺きは古い屋根材を剥がさないので、屋根の解体作業・廃材処理にかかる費用・期間を省けます。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら