加古川市・高砂市で壁リフォームならウオハシ

 

 

お家を適度な湿度に保つことは、

〇快適で健康に過ごせる

〇ダニの発生を抑える

〇カビの発生を防いで家を傷みにくくする

などといったメリットが得られます。

 

 

梅雨の時期など、雨が続くと湿気が気になりますよね。

人が快適に過ごせる湿度は40~70%です。

 

 

70%を超えるとジメジメとした不快感を感じます。

 

40%を下回るとノド・鼻・目が乾燥して不快に感じます。

さらにはインフルエンザウイルスが繁殖しやすくなります。

 

 

ちょうどいい快適な湿度を保つ方法としては、

換気をしたり、加湿器・除湿器を使ったりがあります。

 

そして、エコでおしゃれだと

近年注目を集めているのが「調湿建材」です。

 

 

調湿建材は湿度が高いときには湿気を吸って、

湿度が低いときには蓄えている水分を空気中に放出します。

 

電気やガスなどのエネルギーを使わないので、地球にやさしいです。

 

今日は、おすすめの調湿建材を3つご紹介します!

 

 

 

大建「さらりあ~と」

 

(参考写真:大建工業)

 

 

 

クロス仕上げの壁と比べると、約6倍の吸水力があります。

 

 

 

〇消臭効果

代表的な生活臭、これらのニオイの原因とされる

代表的な化学物質を吸着します。

 

玄関臭・体臭(酢酸)

ペット臭・生ごみ臭(トリメチルアミン)

トイレ臭・下駄箱(アンモニア)

トイレ臭・生ごみ臭(硫化水素)

 

 

 

〇防汚効果

シミ・汚れがつきにくい防汚処理が施されています。

 

 

 

〇吸ホルムアルデヒド効果

 

 

他の建材や家具から放散される

ホルムアルデヒドの濃度を低減します。

 

 

 

LIXIL「エコカラットプラス」

 

(参考写真:リクシル)

 

 

湿気は通しますが、水や汚れはほぼ通さないので

水拭きできます。

 

 

 

エコカラットプラスの調湿効果は珪藻土の約6倍、

調湿壁紙の25倍以上もあります。

 

 

 

朝日ウッドテック「クールジャパン」

 

(参考写真:朝日ウッドテック)

 

 

杉やヒノキなど天然木の細胞内腔や細胞壁が水分を吸放湿し、

室内の湿度変化を抑えます。

 

 

自然素材ならではの「ぬくもり」「肌ざわり」「香り」があります。

凹凸加工が施されており、間接照明で陰影を浮かび上がらせると

ダイナミックな印象に。

 

 

時間経過とともに色合いが変化していきます。

天然木ならではの味わいが、「愛着」という価値を生み出します。

 

 

 

↓弊社のリフォーム施工事例はこちらからご覧ください。

ビフォーアフター写真や工事費用・期間などを公開しております。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら