加古川市・高砂市で外壁塗装ならウオハシ

 

外観は家全体の雰囲気に大きな影響を与えます。

外壁が汚れていると古びた家・暗い家という印象になります。

 

 

なるべく汚れが目立たない外壁塗装のポイントは2つあります!

 

 

 

1つ目は「汚れが目立たない色を採用すること」

 

例えば真っ白な色は明るく清潔感があって素敵ですが、

黒い雨だれがとても目立ちます。

塗装したての真っ白さを保つのは困難です。

 

では、汚れが目立たない色とはどんな色か?

それは、汚れと似た色です。

 

雨だれが気になる方は、グレー・茶色・紺色あたりが良いでしょう。

日当たりが悪くコケが気になるという方には、緑の入った色がおすすめです。

 

 

 

ただし、いずれの場合も鮮やかな原色は

汚れが目立ちますので、ご注意ください。

 

 

 

 

2つ目は「汚れが付着しにくい塗料を採用すること」

 

塗料にはたくさんの種類があり、性質や機能もさまざまです。

その中で汚れが付着しにくい塗料とは

「低汚染塗料」「防汚塗料」などと呼ばれるものです。

 

代表的な防汚塗料に、セラミックを配合したものがあります。

セラミックは汚れにくい性質を持っているので、

大気中の排気ガスや粉じんなどが外壁に付きにくくなります。

 

 

(参考写真:ガイソー)

「ガイソーウォール無機Si」と一般的な水性フッ素樹脂塗料の

雨筋汚れの比較です。

 

「ガイソーウォール無機Si」はセラミック形成無機華橋剤を配合しています。

汚れ度合いの違いは一目瞭然です。

 

 

防汚効果においては、セラミックや無機成分が持つ

「親水性」という性質が重要な役割を果たしています。

 

 

親水性とは、表面に水がなじみ水滴にならずに水膜ができる現象です。

水滴をはじく「撥水性」の逆とイメージしてください。

 

雨が降ると雨水が外壁の塗膜となじみ、

汚れを浮かしてスルッと洗い流してくれます。

自然にきれいになるのが嬉しいですね♪

 

 

 

また、「防カビ・防藻性」もある塗料だと

よりキレイが長続きします。

 

風雨の当たる屋外ではカビや藻など微生物が繁殖しやすく、

美観を大きく損なってしまいます。

 

繁殖が進むと掃除してもなかなか取れず、

菌を吸い込んで体にも良くありません。

 

特に日が当たりにくく湿気が多い外壁におすすめです。

 

 

 

↓弊社の外壁リフォーム施工事例はこちらからご覧ください。

ビフォーアフター写真や工事費用・期間などを公開しております。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら