加古川市・高砂市でコンロ取り替えならウオハシ

 

 

「IHクッキングヒーターにするメリットは?」

「使い慣れているガスコンロのほうが良い?」

 

キッチンの加熱機器をガスコンロからIHに変えようか迷っているという方へ、

変更した場合のメリット・デメリットを解説します!

 

 

 

IHのメリット〇掃除がラクチン

 

 

IHクッキングヒーターはとにかくお掃除がしやすいです。

 

ガスコンロも最近はお手入れしやすい商品が出ていますが、

それでもIHにはかなわないのではないでしょうか。

 

五徳などの凹凸部分がなく、フラットな形状なので

さっと拭くだけできれいになります。

 

 

 

IHのメリット〇火力の調整がしやすい

 

 

ガスコンロはつまみをひねって火力を調整しますが、

IHはボタンを押して調整します。

 

火力が10段階くらいの数字で表されていて、

とろ火から強火まで自在です。

温度の設定もできます。

 

ガスコンロを使っているときに

「弱火にしようとしたら消えてしまった」

「再点火すると一度強火になってしまう」

といった経験をしたことはありませんか?

 

IHならピッとボタンを押すだけで、変更できるので簡単です。

 

 

料理によって丁度良い火力を数字で覚えておけば、

料理の失敗もなくなります。

 

長時間の煮込みに便利なタイマー機能もあります。

好みのかたさのゆで卵だってお手軽に作れちゃいます。

 

 

 

IHのメリット〇火事の危険性が少ない

 

IHは火を使わないので火事の危険性が少ないです。

調理中に火が衣服に燃え移ったり、油かすに引火したりする

リスクが低くなります。

 

空気を汚すこともありません。

ご高齢の方や小さな子供さんがいるご家庭も安心です。

 

 

 

IHのメリット〇部屋が暑くなりにくい

 


IHは磁力線の働きにより鍋自体を加熱する仕組みなので、

お部屋が暑くなりにくいです。

 

ガスコンロは鍋だけでなく部屋の空気も熱してしまうので、

部屋の気温が上がります。

 

夏場はクーラーをしていても、

料理を作る人は汗だくになってしまいます。

 

IHなら快適に作業できます。

 

 

 

 

 

次にデメリット。

良いところだけでなく、デメリットも事前に知っておくことで

後悔のないリフォームになります。

 

 

IHのデメリット●やけどの危険

 

調理後は天板が熱くなるので、

そのまま触ってしまうとやけどする危険があります。

冷めているのか、見た目でわからないので

注意しなければなりません。

 

高温注意のサインが光る機能が付いたものがあるので、

それだと安心です。

 

 

 

IHのデメリット●一部の鍋は使えない

 

ガスコンロのときに仕えていた鍋やフライパン。

鉄のフライパンなどはそのままIHでも使えるのですが、

鍋底が丸い中華鍋、土鍋などはIHでは使えません。

 

素材は鉄やステンレスなどIH対応素材、

大きさは直径12~26センチ程度、

形状はそこが平らである必要があります。

 

 

IHのデメリット●直火が必要な料理には不向き

 

表面だけを焼く、炙るということができません。

焦げ目をつける料理や、フランベ、

強い火力で一気に仕上げる炒め物などは不得手です。

 

そのため、卓上のガスコンロを併用するというご家庭もあります。

 

 

 

 

まとめ

 

IHにもガスコンロにもそれぞれ良いところ・そうでないところがあり、

どちらにしようか迷ってしまいますよね。

 

料理が好きで直火を使う本格的な調理をしたい方にはガスコンロ、

お掃除が楽なキッチンで効率良く料理したいという方にはIH

がおすすめです!

 

今のお悩みやリフォーム後の生活を想像しながら

納得できるものを選んでくださいね

 

(写真すべて:パナソニック)

 

 

↓弊社のキッチンリフォーム施工事例はこちらからご覧ください。

ビフォーアフター写真や工事費用・期間などを公開しております。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら