浴室のドアリフォーム(担当)宇高

お一人暮らしをされている加古川市M様。
ご高齢になり、「お風呂の引き戸が重い」とのご相談をいただきました。

タイルで作られた「在来工法」のお風呂で、扉はガラスの引き戸です。

 

 

戸を引いたところがタイル貼りになっているのですが、そのタイルが水を吸って膨らんでしまっています。これにより戸が壁にこすれ、開閉しづらくなっていました。

「一人暮らしだから、ドアが開かなくて閉じ込められるようなことがあったらと怖い」と、浴室のドアリフォームをすることに。

 

既存の扉と壁を解体しました。

 

その際、脱衣スペースの床が傷んでいることがわかりました。
当初は敷居まわりだけを取り替える予定だったのですが、床をそのままにしておくと状態が悪化し、お家に良くないので、ごっそりやり替えることに。

 

新しく壁下地を作り、ドア枠、ガラスの引き戸を取り付けました。

 

脱衣スペースの床ができあがりました。

 

続いて、左官工事に入ります。

新しく作った壁下地に、防水シートとラスを貼りました。
「ラス」は金属でできた網状のもので、モルタルを付着させるために使用します。

 

モルタル塗り1回目(下塗り)。
上塗りのモルタルがしっかり付着するように、1回目はわざと粗く塗ります。
写真をご覧のとおり、表面がザラザラしています。

 

モルタル塗り2回目(上塗り)。
きれいなつるっとした表面に仕上げました。

M様は美術がお好きで、色塗りはDIYでされるそうです

 

イベントのお知らせ

今週末、5月13(土)・14(日)は「リフォーム・新築・不動産祭り in 高砂」
たくさんの展示品、セミナー×2、ご来場特典など、お役立ち&楽しい企画を準備しております。リフォームをお考えの方もそうでない方も、ぜひ足をお運びください

<<イベントについて詳しくはこちら>>


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら