外壁塗装・屋根重ね葺き(担当:森多)

高砂市Y様邸は、これまで水栓交換など小工事をさせていただいたことのあるお家です。今回は外壁塗装と屋根葺きをご依頼いただきました。
屋根と外壁については、ご主人が自身でまめに塗装されていたそうなのですが、「高齢になって自分でするのは危ないから、ちゃんとしたプロにお願いしよう」と、ご相談くださいました。

 

着工日、足場を組み立てました。

 

既存の屋根はカラーベスト。劣化による色褪せやコケが発生していました。

 

また、割れているところも数か所ありました。

補修や塗装だけで良くなる状態ではなく、新しい屋根材に替えなければいけません。しかし、Y様邸の屋根材には石綿(アスベスト)が含まれており、撤去するときに割れたりすると石綿が飛散する可能があります。
そのため、既存屋根の撤去をせずに上から新しい屋根材を重ね葺きするカバー工法をご提案いたしました。重ね葺きすると屋根がより重たくなってしまうので、新しい屋根材には軽量な金属屋根を使用します。

 

雨樋には板金のカバーが付いていました。

 

雨樋カバーは、Y様邸が建ったころの流行りだったようです。しかしサビだらけになっており、中を塗るのも大変、塗ったところであまりパッとしないと思われたので、すべて撤去することにしました。

 

破風板(山形のところに付けられている板)も古くなっていたので、外壁サイディングでよく使われる素材、窯業系の破風を上から付けます。

 

↑こちらが横暖ルーフです。まとめて軽々と持ち運べるくらいの重量しかありません。

 

防水シート(ゴムアスファルトルーフィング)を葺き、その上に横暖ルーフを葺きます。

 

大屋根の屋根葺きが完了しました!

 

下屋根も同様に横暖ルーフを葺きました。

断熱性や遮音性がよりアップしました!


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら