浴室リフォーム(担当:車塚)

加古川市K様邸は築25年、タイルのお風呂でした。
綺麗に使われていて、まだまだ使える状態でしたが、冬場の寒さがひどく、だいぶん前からリフォームを考えていたのだそうです。そして、ウオハシのリフォームイベントがきっかけとなり、いよいよ念願のお風呂リフォームを実行することに!

 

玄関や廊下に養生をしました。解体時に出る廃材や新しいお風呂を運ぶのに通るところなので、シート等で傷や汚れからお家を守ります。

 

既存の浴室を解体します。壁のタイルもすべて剥がしてしまいます。機械で掘削するので、このときは大きな音が出ます。

 

 

解体が完了しました。
写真の通り、壁にはまったく断熱材が入っていませんでした。これでは暖かさがすぐに外へ逃げてしまいます。

 

そこで、この機会に断熱材をしっかり詰めました!
お風呂の横は廊下になっているのですが、少しでも寒さを軽減できるようにそこにも断熱材を入れました。断熱材は1面だけ、1部だけ入れるのでは効果が薄くなってしまいます。浴室全体をぐるっと包むように断熱材を入れることで、断熱性能がぐっと上がります。

 

浴槽に壁パネルや枠など、システムバスの部材が搬入されました。これらをメーカーの専門の職人が組み付けます。

 

まず土台の枠を設置しました。

 

その上に床や壁パネルを取り付けていきます。

 

入り口の敷居に段差ができないように、高さ調整済みです!

 

組み付けが完了しました!

シャワーやカウンターのある面に窓があるので鏡は付けなかったのですが、L字手すりは以前と同じ位置に取り付けました。慣れているリフォーム前といっしょなので、使い勝手が良いと気に入ってくださっています!

 

K様邸の新しいお風呂は、タカラのぴったりサイズのシステムバス「レラージュ」です。

タイルのお風呂からシステムバスに替える場合、間口や奥行がぴったり同じのサイズでなければ「もったいないゾーン」(デッドスペース)ができてしまいます。

 

タカラのぴったりサイズシステムバスは1500通りものサイズ展開があるので、既存の浴室スペースを最大限に利用することができます。

K様邸も、いちばん広くできるのがタカラのシステムバスだったので、こちらを選ばせていただきました!

 

入り口はフラットに仕上げてバリアフリー。これから先長く安心してお使いいただけます。

 

システムバス自体には保温材が付いていて、室外の冷気をシャットアウトし、ぽかぽかと暖かさを逃がしません。
リフォーム前よりとっても快適なお風呂に大変身しました!


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら