マンションの全面リフォーム(担当:車塚)

今日の現場ブログは加古川市I様邸。当ホームページよりお問合せいただいたお客様です。
「同じマンション内で今より部屋数の多い別階に引っ越すので、入居前にリフォームしたい」というご相談でした。築25年以上が経っているマンションで全体的に古くなっているため、水まわりや内装をすべて一新します!

 

リフォーム前のリビングです。フローリングやクロスの傷みが目立ちました。

 

床のフローリングを剥がしました。

 

リフォーム前のキッチン。新しいものに入れ替えるためキッチン・吊戸棚を撤去して、垂れ壁と造作壁も取り払いました。

 

床のレベル(高さ)を揃えるため、土間コンクリートを打ちました。

 

キッチン用の給排水管を仕込みました。

 

新しいフローリングを張っていきます。

 

間取り変更・建具入れ替えに伴い、LDKと横2部屋の間仕切り壁を作り直します。

 

写真左側がもと洋室で、和室に変更します。入り口には3連の引き戸を付けて、来客時に間仕切れるようにします。
この引き戸の引き込み部分を作るために、有線・インターフォン・照明スイッチを右に移動させました。
引き戸に合わせて右横の壁も厚みを出しており、せっかくなのでスイッチまわりを大きなニッチにしました。下には小物を置くことができます。くぼんでいるので、スイッチが目立ちにくいという利点も。

 

壁・天井の既存クロスを剥がし、新しいクロスに貼り替えます。

 

キッチンを取り付けました。LIXILのシステムキッチンの中で1番グレードの高い「リシェルSi」です。

 

 

丸みのあるかわいいデザインの「ひろまるコンロ」。
バーナーの間隔が広くなっているので、3口同時に使っても鍋振りもできます。

 

I様はオープンキッチンを希望されていたのですが、レンジフードを付けるのに壁が必要だったのでペニンシュラ型に設置しました。

「ペニンシュラ」=英語で「半島」の意味です。プランとしては、半島のようにアイランドキッチンの片側が壁に接している形になります。
キッチンで料理をしているあいだでも、リビングやダイニングにいる家族と会話したり、様子を見ながら安心して作業できます。そして、横の壁があるので水や油の飛び散りを防げます。

 

反対に、ペニンシュラ型キッチンの欠点は収納が不足しがちなこと。
しかしI様邸では、ダイニング側にも収納のあるタイプを採用してデメリットを感じさせないように。

 

引き出しも付いています

 

レンジフードの壁の裏側である、縦長のスペースにはレールを付けて可動棚にします。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら