バリアフリーリフォーム(担当:西住)

築18年の高砂市M様邸。ご高齢のご夫婦と息子様ご夫婦が4人で住まわれています。
「足腰が弱くなっているので、玄関やトイレに手すりを付けたい」とのご相談をいただきました。

 

玄関ポーチには階段がありました。手すりの支柱を埋め込むため、機械で穴をあけます。

 

手すりの取り付けが完了しました。

 

こちらは玄関ホール。
土間と框を上り下りするときに使えるよう、I型手すりを縦に付けました。

 

リフォーム前の廊下です。

 

こちらにも手すりを取り付けました。

 

最後にトイレ。身長などを考慮して設置位置を決め、マスキングテープでマークしています

 

そこに手すりを付けました。

 

足腰が衰えてくると、思わぬところで身体のバランスを失い、よろけたり転倒したりする危険性があります。また、元気な人でも足が滑って転倒しそうになることはありますよね。
そんなとき手すりがあれば、しっかり身体を支えてくれるので安心です!

何か起きる前に備えておくことが大事で、ご家族の介護の負担軽減にもなります。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら