お風呂・洗面所リフォーム、エコキュート設置(担当:社長)

 

高砂市K様邸は築38年の一戸建て。

はじめはお知り合いの方からの紹介がきっかけでご相談くださり、

それから何度も工事をご依頼いただいています。

 

今回は、

「電気温水器が古くなってきたので

 エコキュートに替えたい」

とのご相談をお受けいたしました。

 

さらに、「エコキュートにするなら一緒に

寒いタイルのお風呂を断熱がしっかりした暖かいお風呂にしたい。

洗面所もせっかくの機会なのできれいにしたい」ということで、

 

☆在来浴室からシステムバスに変更

☆洗面化粧台とクロス類を新調

☆エコキュートを設置

するリフォームをさせていただきました。

 

リフォーム前のタイル仕上げのお風呂です。

 

全体的に古くなっていて、

壁にはひび割れがありました。

 

既存の浴室と、

浴室⇔洗面所の間仕切り壁を解体しました。

 

貼られていたタイルもすべて剥がして、

何もない状態になりました。

 

洗面所の壁・床も解体しました。

 

既存の電気温水器を撤去し、

三菱エコキュートを設置しました。

 

洗面化粧台用の水道配管を仕込みました。

 

浴室にも新しい配管をつなぎました。

 

それから砂利を敷き、土間コンクリートを打ちました。

 

換気用のダクトを取り付けました。

 

洗面所の床下地を新しく作りました。

敷居に段差ができないように高さ調整済みです。

 

壁の下地も作りました。

 

洗面化粧台を取り付ける場所は強度がいるので

ベニヤ板、ほかは石膏ボードを張りました。

 

浴室の土間コンクリートがしっかり固まりました。

 

壁に断熱材を入れました。

 

システムバスを組み立てていきます。

はじめに土台を設置しました。

 

完成です!

TOTOのシステムバス「サザナ」1216サイズ

を取り付けました。

 

「サザナ」は断熱性に優れていて、

人気のあるシステムバスです。

 

 

↓特長を少しだけご紹介いたします!

魔法びん浴槽

浴槽断熱材と高断熱の風呂フタによる断熱構造で

ばつぐんの保温力を発揮します。

お湯はり後4時間以上たっても僅か2.5℃以内しか温度が下がらないので、

焚きなおさずに家族全員があたたかい湯船に浸かれます。

 

ほっカラリ床

従来の床とちがって、W断熱クッション層があるので

冬場の一歩目もヒヤッとしません。

あたたかいだけでなく、畳のようなやわらかさを持っていて

ひざをついても痛くありません。

 

洗面所は壁・天井にクロス、床にクッションフロアーを貼り、

洗面化粧台を取り付けました。

 

LIXILの洗面化粧台「ピアラ」です。

すっきりとした見た目ながら大容量のキャビネットも設置して、

収納スペースを確保しました。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら