屋根・外壁・サッシリフォーム(担当:森多)

 

築40年以上が経っている明石市I様邸。

ホームページを見て、娘様がお問合せくださいました。

 

「雨漏りしている」

「外壁の焼き板が朽ちてしまっている」

「家の中が寒い」とのことで、

 

☆屋根瓦の葺き替え

☆外壁の焼き板の張り替え

☆サッシの入れ替え

などの工事をご依頼いただきました。

 

はじめに足場を組み立て、既存の屋根瓦を撤去します。

 

既存の瓦は、40~50年前によく使われていた「塩焼き瓦」です。

昭和レトロな赤色で、「赤瓦」とも呼ばれます。

焼成時に有毒ガスが出るので現在は生産されていません。

 

土葺き(湿式)工法が用いられていたので、

土がどっさり乗っていて、屋根がものすごく重くなっていました。

 

その土もすべて撤去しました。

耐震性を考え、

土を使わない引掛桟(乾式)工法で葺き直します。

 

新しい野地板(合板)を張った上に防水シートを葺き、

桟木を取り付けました。

桟木は、瓦を留めるために横にわたす角材のことです。

 

その上に瓦を葺いていきます。

 

完了です!

三州のいぶし瓦を使用しました。

三州瓦はかたくて丈夫・割れにくい、ということから

ご提案させていただきました。

 

 

続いてサッシリフォームです。

リフォーム前は薄い1枚ガラスのサッシで、

隙間もあちこちにありました。

こちらは縁側です。

古いサッシを撤去し、新しいサッシの枠を取り付けました。

 

断熱性能の高いペアガラス(2枚ガラス)を採用して、

冬もあたたかく快適に

過ごしていただけるようにしました。

 

1階洋間の掃出し窓と腰窓も、

同じようにペアガラスサッシに入れ替えました。

 

2階の腰窓も新調。

木製でボロボロになってしまっていた雨戸は、

丈夫で軽いアルミ製の雨戸に替えました。

 

年月が経って焼き杉が朽ち、土壁がむき出しになっていた外壁。

焼き杉を張り替えて、とてもきれいになりました!

 

 

I様は以前、水まわりのリフォームを他社でされていたのですが、

事前に聞いていたことと違うことをされたりと

あまり良くなかったそうで、

リフォームに不安を抱いていらっしゃいました。

 

今回はホームページなどいろいろ調べた上で

ウオハシを選んでくださったそうで、

 

対応や仕上がりにご満足いただくことができました。

I様、この度はありがとうございました。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら