防水工事・屋根漆喰補修(担当:森多)

 

加古郡F様は、

以前古民家全面リフォームをさせていただいたA様からの

ご紹介があってウオハシにお声掛けくださいました。

 

台風の被害にあった漆喰と陸屋根の

工事をさせていただきます。

 

こちらの蔵は外壁上部の漆喰を塗り替えるため、

周りに足場を組みました。

 

屋根の漆喰がめくれたり浮いたりして

瓦のずれが起きていたので、

古い漆喰を撤去してやり替えました。

 

漆喰工事完了です。

 

 

↓次に陸屋根の防水工事です。

もともとはシート防水が施されていたのですが、

年数が経って古くなっていたこともあり

台風でめくれしまっていました。

 

ウレタン防水にやり替えるため、

はじめに既存の防水層を撤去しました。

 

下地調整をしたあと、全体に通気緩衝シートを貼りました。

 

笠木の下地が腐っていたので、

木部をやり替えてから通気緩衝シートを貼りました。

 

その後、ウレタン防水材を塗りました。

立ち上がり部分もすべて塗りました。

 

最後に板金の笠木を取り付けました。

 

脱気筒とドレンも取り付け完了。

脱気筒は防水層と下地のあいだに発生した水蒸気を逃がすためのもので、

ドレンは雨水が流れていくところです。

 

 

強い風と雨をもたらす台風が接近・通過するときには、

普段飛ばないようなものでも飛んだり

瓦や外壁が落ちたりすることがあります。

 

台風のときに損傷した箇所は、

以前からある程度劣化が進んでいた可能性があります。

 

最小限の工事で補修費用も抑えられるように、

日頃からしっかりメンテナンスしておくのが

おすすめです!


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら