ベランダ防水工事(担当:宇高)

 

「雨漏りしている」とのご相談でした。

部屋の天井のクロスに雨染みができてしまっていました。

 

雨漏りの原因を調査させていただいたところ、

波板の取り合い部分から水が浸入していると判りました。

コーキングを打って処理し、水が入らないようにしました。

 

また、経年劣化していたベランダもあやしいと思われたので

通気緩衝工法によるウレタン防水を施工することに。

 

工事前のベランダはひび割れが起きており、

状態が良くありませんでした。

 

密着性を高めるため、プライマーを塗って下地処理しました。

 

通気緩衝シートを敷きました。

 

ひび割れ箇所を補修しました。

 

↓ ↓ ↓

ウレタン防水材を2回塗りました。

 

ウレタン防水材は紫外線に弱いため、

上からトップコートを塗って保護します。

 

立ち上がり部分も同じように防水塗装を施しました。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら