浴室・洗面所リフォーム(担当:宇高)

 

加古川市M様は「お風呂と洗面所のリフォームをしたい」と、

当ホームページを見てお電話くださいました。

 

リフォーム前の浴室です。

タイル壁タイプのユニットバスが設置されていました。

 

既存の浴室を解体します。

 

既存の洗面化粧台を撤去しました。

 

洗面所の床にベニヤ板を張りました。

 

のちのち廊下の床を重ね張りしたとき、

フラットになるように敷居の高さに合わせました。

 

 

新しいシステムバスを取り付けました。

 

浴室⇔洗面所の間仕切り壁の、

浴室ドアの上にベニヤ板を入れて下地を補強しました。

 

そこに暖房機を取り付けました。

 

「寒い朝、顔を洗いに行くのがおっくう」

「ブルブル震えながら着替える」

「お風呂で温まったのに、すぐにまた冷える」

・・・などのお悩みが一気に解決されました!

 

急激な温度変化によるヒートショック現象も防げます。

壁付けなので、場所をとらずスッキリ。

 

 

パナソニックの洗面化粧台「ウツクシーズ」を取り付けました。

縦型2本の照明が顔全体・手元をしっかり照らします。

 

タッチレス水栓「すぐピタ」。

センサー式なので手洗い中の出しっぱなしがなくなり、

無理なく節水することができます。

 

せっけんのついた手・汚れた手で水栓を触らなくて済むので、

衛生面も安心です!

 

 

お風呂も完成しました!

TOTOのシステムバス「サザナ」1216サイズです。

 

お風呂の水栓は、立っても座っても

簡単に操作できる「2WAYタッチ水栓」。

 

すっきりとしたシンプルなデザインです。

ワンタッチでお湯を出したり止めたりできます。

 

 

普段はあまり意識しないところですが、

水栓によって水まわりの快適度は大きく変わってきます。

 

水栓にはいろんな種類があるので、リフォームされる際には

機能やデザインなど是非こだわって選んでみてくださいね

 

画像は、TOTO「サザナ」の洗い場水栓です。

 

 

配管の敷設替えをしたため、

前の給湯設備の穴隠しのカバーを外しました。

 

このままだと雨水が内部に侵入しやすく、見栄えも悪いので補修します。

 

M様が外壁のタイルを何枚か保管されていたので、

それを使って跡がわからないようにしました。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら