外壁リフォーム(担当:森多)

 

加古川市Y様は

以前外装工事をさせていただいたお客様からのご紹介で、

「外壁を塗装したい」とお問合せくださいました。

 

 

リフォーム前の外観です。

外壁には厚さ12mmのサイディングボードが張られていました。

 

 

 

「サイディングボード」は板状の外壁仕上げ材です。

 

従来は12mm厚が基本でしたが、

シーリング厚の確保やボード自体の強度向上のため

現在は厚さ14mm以上が主流になっています。

 

そして、昔の12mm厚のサイディングボードには

反りかえり現象がよく見られます。

 

 

 

加古川市Y様邸の外壁も反りが出て、

その影響でボードが割れてしまっているところがありました。

 

補修して塗装してもまた反りが出てくる可能性があります。

 

 

塗装よりも費用や手間がかかりますが、

今後のことを考えて

サイディングボードを張り替える工事をご提案しました。

 

 

 

足場を組み立てました。

 

 

 

撤去作業のあと、外壁全体に透湿防水シートを張りました。

 

既存のサイディングボードを撤去したほか、

テラスや換気扇のフード、照明、電気メーター、ガスメーターなども

一旦撤去しました。

 

 

サイディングボードを張り替えるには、

外まわりに付けられている物の脱着作業が必要になります。

 

ガス屋、電気屋などいろんな職人が関わってくるのですが、

職人が入るタイミングなどを考えて工程を組み、

スムーズに工事が進むようにしました。

 

 

 

透湿防水シートを張り終わったら、

その上に新しいサイディングボードを張っていきます。

 

 

 

サイディングボードを張り終えました!

 

 

 

ベランダは茶色、玄関まわりと2階の一部は黒色、

それ以外は白色系という風に、

色柄のちがう3種類のサイディングボードを張り分けました。

 

KMEW(ケイミュー)の「エクセレージ・親水15」

という商品で、厚さは15mmあります。

 

 

 

ベランダの笠木も

サイディングボード張り替えのために撤去したので、

きれいに下地処理してからまた取り付けました。

 

 

 

サイディングボードの目地にコーキングを打ちました。

 

 

 

軒天を「ケンエース」で塗装しました。

 

 

 

カラーベストの屋根は

日本ペイントの塗料「ファインパーフェクトベスト」で塗装しました。

 

 

 

ツヤツヤと美しい見た目になり、防水性もアップ!

 

定期的な塗装は屋根材の傷みを防ぎ、

屋根本来の機能を長持ちさせることにつながります。

 

 

 

足場を解体し、工事完了です。

 

 

 

Before

↓ ↓ ↓

After

サイディングボードの張り替えにより、

外観の印象がガラッと変わりました!

 

 

見た目が大きく変わるときは工事後のイメージが涌きにくいものです。

そこでお打合せの段階で、

Y様の「こんな風にしたい」というご希望に合わせたパースを作成。

3D画像で全体を確認していただきました。

 

その結果、「イメージ通りの出来上がり!」と

大変喜んでいただくことができました!


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら