新築工事(担当:魚橋)

 

新築工事中の加古川市O様邸。

 

前回のブログでは基礎配筋工事、水道の配管工事の様子まで

ご紹介いたしました。

 

《これまでの現場ブログ》

①墨出し、地盤改良、基礎配筋工事

 

 

 

 

次に行うのは、基礎コンクリートの打設

底盤部分(スラブ)と立ち上がり部分の2回に分けて打ちます。

 

はじめに、底盤部分のコンクリート打設です。

基礎の外周に沿って、型枠を設置しました。

 

 

測量機械を使って水平を示すレーザーを出し、

型枠を乱れなく並べています。

 

 

ミキサー車で運ばれてきた生コンクリートを流し入れました。

 

隅々までコンクリートを行き渡らせ、

余計な空気や水分を出す「締め固め」を行ったあと、

表面が平滑になるよう均しました。

 

 

次は立ち上がり部分のコンクリート打設です。

 

底盤部分と同じ流れで、

型枠設置→コンクリート打設→締め固め→均し作業

を行いました。

 

 

コンクリートが固まるまで養生期間をおいたあと、

型枠を撤去しました。

 

これでお家の基礎が完成しました!

 

 

 

 

給排水の引き込み・配管工事を行っていきます。

 

給排水管の大部分は床下を通すため、

このタイミングでの工事になります。

 

配管工事に使う部材が搬入されました。

 

 

給水管(青色)

給湯管(ピンク色)

排水管(グレーのパイプ)を接続しました。

 

↑こちらはキッチンになるところです。

 

 

こちらは洗面所・浴室。

写真奥のベージュの配管は浴槽用の給湯管です。

 

洗面所に元栓があり、ここから各部屋へ分岐されています。

 

 

基礎の外まわりを掘削しました。

 

 

排水管を設置し、点検用の桝も設置しました。

 

 

 

 

 

基礎コンクリートの上に土台や大引を設置する

「土台敷き」を行いました。

 

 

工場でプレカットされた部材を使っています。

 

 

防蟻処理を施しました。

 

 

木材の表面に薬剤を塗って、

シロアリの被害が及ぶのを防ぎます。

 

 

 

 

 次回のブログでは棟上げ(上棟)の様子を

 お伝えします!

 ぜひチェックしてくださいね☺

 

 

 

 

↓最後にお知らせです

 

O様のご厚意により、O様邸の「住宅構造見学会」

開催させていただけることになりました!

 

※ブログとは時差がありますが、

 6月末に上棟済みです!

 

完全予約制となっております。

ぜひお早めにお問合せくださいませ。

 


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら