水まわりリフォーム(担当:宇高)

 

築40年の高砂市H様邸で

水まわりのリフォーム

をさせていただきました。

 

 

こちらはリフォーム前のキッチンです。

 

ブロックキッチンが設置されていて、収納は扉タイプ。

換気扇はプロペラファンのものが付けられていました。

 

年数が経っていて古く、

使い勝手や清掃性が良くありませんでした。

 

 

古いキッチンを解体しました。

 

 

キッチン横には腰窓がありました。

 

しかし、この窓の前に食器棚を置かれていて

窓を開けることはなかったのだそうです。

 

そのため、今回のリフォームで

窓を塞いで壁にすることに。

 

 

LDKの天井を解体しました。

 

 

天井下地を新しく作り直します。

 

 

天井に石膏ボードを張るときには、

こちらの「天井ボードリフター」という機器を使いました。

 

 

重い石膏ボードを

天井の高さまで持ち上げてくれる機器です。

 

ボードが天井にぴたっと付いたら、

そのあと大工がビスを留めていきます。

 

 

脚立の上で、重い石膏ボードを支えながら作業するのは

負担が大きく危険を伴います。

「天井ボードリフター」を使えば、

そういった重作業の負担・墜転落のリスクが軽減されます!

 

 

LDKの壁下地を作りました。

 

 

キッチン横の窓があったところは

いちから壁下地を作ります。

 

雨戸を閉めた状態にして、外部は触りません。

 

 

レンジフード用のダクトを取り付けました。

 

 

クロス工事をして、新しいキッチンを取り付けました。

LIXILのシステムキッチン「シエラ」です。

 

 

続いて、お風呂・洗面所リフォームの様子

をお見せしていきます。

 

こちらがリフォーム前のお風呂です。

 

 

お風呂のとなりは洗面所です。

お風呂も洗面所も、キッチン同様古くなっていました。

 

 

古いお風呂を解体しました。

 

 

洗面化粧台を撤去しました。

 

 

洗面所の天井に貼られていたジプトーンをめくりました。

 

ジプトーンはトラバーチン模様(不規則な穴の開いたデザイン)の

洋風天井用の石膏ボードです。

ジプトーンの上にクロスを貼ることはできません。

 

 

クロスを貼るための下地として

新しい石膏ボードを天井に張りました。

 

 

お風呂の配管を仕込みました。

 

 

新しいシステムバスを組み立てます。

 

 

組み立てが完了しました。

 

 

洗面所の床下地を作りました。

 

 

お風呂の入り口に折り戸を取り付けました。

 

 

洗面所の壁・天井にクロスを貼り、

お風呂入り口横に手すりを取り付けました。

 

 

新しい洗面化粧台、LIXIL「ピアラ」を取り付けました。

 

 

新しいシステムバスはLIXIL「アライズ」です。

 

 

 

施工事例およそ700件公開中!

↓下の画像をクリックして

 ご覧いただけます(*^-^*)

 

加古川市・高砂市、その周辺地域で

リフォームをお考えの方は

創業122年実績豊富なウオハシにご相談ください!

 


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら