古民家全面リフォーム(担当:長野)

 

今日は、全面リフォーム中の相生市N様邸の工事の様子をお伝えします!

 

娘様が本屋でウオハシの施工事例が載っている雑誌を見て、お問い合わせくださったのが工事のきっかけとなりました。

 

 

N様邸は明治元年に建てられ、なんと築151年!

歴史が感じられる伝統的な造りのお家です。

 

娘様ご夫婦は西宮在住。

「実家に戻って両親と同居し、田舎でゆっくり暮らしたい」と、

この築151年のご実家をリフォームして移り住むことを決意されたのだそうです。

 

 

リフォーム前の外部。

屋根の瓦葺き替えなどの手入れをきちんとされていて、

きれいな状態が保たれていました。

 

 

リフォーム前の和室。

田の字の和室が6つと、廊下のむこうにもう1室。

 

1階だけで7つの和室がありました。

 

 

田の字和室の隣には広縁がありました。

 

内部はあまり工事されたことがないそうで、

「これぞ日本家屋」といった特徴的な間取りが残されていました。

 

 

今回のリフォームでは、移動できない構造体などの制約がある中で、

N様ご家族が二世帯で快適に暮らせるような間取りに変更します。

 

同時に、強度を保てるように柱や筋交いを足す工事も行っていきます。

 

和室の畳、襖を撤去しました。

 

 

天井を解体しました。

 

 

床を解体しました。

 

 

床下の状態は悪く、下地からぜんぶやり替える必要があります。

 

 

壁を解体しました。

 

 

木部の一部はボロボロになっていました。

 

 

解体完了です。

がらんとした、ほぼ何もない状態になりました。

 

 

束をたてる土台として、コンクリートを打設します。

コンクリートを流し込む穴を掘りました。

 

 

地盤沈下で床が沈んでいた北西側の地面にもコンクリートを流します。

型枠を設置しました。

 

 

砂・砂利・水・セメントなどを混ぜてコンクリートを作ります。

 

 

穴にコンクリートを打設しました。

 

 

型枠を設置したところにもコンクリートを打設しました。

 

 

コテでならします。

 

 

乾燥させて、しっかり固めます。

 

傾いていた床をきっちり水平に直すのは、なかなか難しい作業になります。

 

 

この上に、新しい床下地を作っていきます。

 

 

次回のブログに続きます!

 


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら