内装リフォーム(担当:車塚)

 

高砂市N様邸で床のリフォームをさせていただきました。

 

リフォーム前のリビング・キッチン。

「床の傾きが気になる」とのことでした。

 

 

気泡管水準器(水平器)を使って現状の調査を行いました。

床に傾きがなければ気泡が真ん中にくるのですが、

キッチンの床に置いてみると気泡が左側にきました。

左側のほうが床が高くなっていることがはっきりわかります。

 

築年数が経っているN様邸は全体的に傾いてしまっていて、

全体を直すのは大規模な工事が必要でなかなか難しいので、

今回はこの部屋だけ床を組み直して傾きを解消することになりました。

 

 

床を組み直すため、既存の床をめくりました。

 

 

掃き出し窓の近くの大引きがすっかり反りかえって

しまっていたので、新しいものに差し替えました。

 

以前は木製の束が使われていましたが、

耐久性に優れた鋼製束に替えました。

シロアリ対策にもなります。

 

 

新しいフローリングを貼り、

キッチンや家具を再設置して工事完了です。

 

 

建具も新調して、きれいになりました。

敷居の段差をなくして、バリアフリー化も同時に行いました!

 

 

築10年、20年もすると床に若干の傾きがあるのは普通です。

床の傾きは違和感や不快感を生み、

傾きが大きくなるとめかいや頭痛を感じる方もいらっしゃいます。

床の傾きは健康に直結しているのです。

 

ウオハシではきれいにするだけのリフォームではなくて、

お家の根本的な問題点を見つけてアドバイス・ご提案させていただいております。

小さなことでもお気軽にご相談ください!

 


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら