「コーキングが傷んできた」というご相談を受け、

屋根・外壁塗装をご依頼いただいた高砂市O様邸の工事の様子をお伝えします

 

IMG_8756

まず、足場を組み立てました。

 

IMG_8758 IMG_8757

そして、古いコーキングを取り除いて、青いテープで養生を行いました。

目地の奥に、コーキング材とくっつかない「ボンドブレーカー」というテープ状のものを張ります。

これによってコーキング材は、側面の2面だけに接着されます。

 

ボンドブレーカーを施工せず、3面接着(奥の1面と側面)にすると、

目地の伸縮で、コーキングが横にも縦にも引っ張られます。

そうすると、コーキングの許容範囲を超えるので、コーキングにヒビが入ったり、切れたりします。

 

IMG_8760

養生が済んだら、コーキングを充填していきます。

 

IMG_8775 IMG_8777

 こちらは、屋根のビフォーです。

屋根もだいぶん傷んで、汚れが目立っています。

これから洗浄をして、塗装作業に入ります


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら