Renovation

加古川市N様邸の全面リフォーム
今日は、外部(屋根と外壁)と内部(床や壁)合わせてお伝えします
その前に、前回の現場中継ブログをまだ読まれていない方は↓こちらをチェックしてください
 鉄骨製の増築部の解体

 

ペフシートと金属屋根

IMG_1880 IMG_1885

屋根は防水のための下葺き材「カッパ」(左の写真)と、防音・断熱の役割がある「ペフシート」(右の写真に写っているロール状のものです)を施工しました。
ペフシートは、クッション性があって衝撃を吸収してくれます。
N様邸の増築部は「ガルバニウム鋼板」という金属屋根材で仕上げるのですが、このおかげで雨音が緩和されます。
(最近の金属屋根は性能が良いので、ペフシートなしでも十分快適に暮らせます

 

IMG_2267

「瓦棒」という部材も新しくして、雨や風に強い屋根になりました

 

プリント鉄板の外壁

IMG_2222 IMG_2224

外壁も金属製のものを使用しています。
母屋と並んでいて違和感のないようにと、木調のプリントがされた鉄板です。
下には防水材も張っています。

 

床の造作

IMG_1958

それでは、内部の様子です
既存の床はすっかり撤去しました。
床下の赤いものは竹炭。湿気対策にとN様が置かれたそうです。

 

IMG_1986 IMG_1992

下地の枠を組んでいきます。
木材は防腐・防虫・防蟻剤「ボードディフェンス」を施します。
「ボードディフェンス」はホウ酸塩でできているため、シックハウスの恐れがありません。
効果も約10年間持続
湿気に悩まされていたN様にも安心していただくことができます

 

IMG_2009 IMG_2092

その後、床下地を張ってサッシを取り付けました。
とても大きな窓枠で、明るく開放的なお部屋になりそうですね

 

壁の造作

IMG_2269 IMG_2270

壁も、床と同じように下地を作っていきます。
↑胴縁(どうぶち:柱と柱の間に水平に渡す横木)を施工しているところ。
これから断熱材を入れていき、ボードでふたをして下地が完成です


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら