お客様名称 加古川市H様
費用 約170 万円 工期 約1か月間
BEFORE [施工前]

サイディングの外壁でした。年数が経ち、そろそろ塗装の時期がきていました。
AFTER [施工後]

H様のご要望にあわせ、「タッチアップ」という方法を用いて外壁塗装をすることでサイディングの模様がくっきりとキレイに出た仕上がりになりました。
タッチアップは、通常よりも手間と費用がかかりますが、その分美しく立派な外観になり、お施主様にも大満足いただきました。

【使用材料】

サイディング目地打ち替え、サッシまわりシーリング増し打ち:ノンブリード変成シリコン
高圧洗浄:バイオクリーナー

外壁下塗り:日本ペイント パーフェクトサーフ
外壁中塗り:日本ペイント パーフェクトトップ

軒天:ケンエース
樋:ウレタン

 

工事中の様子

足場を組み立てました。
防塵シートとウオハシの幕を張っています。

 

バイオ高圧洗浄後、下塗りを行います。目地の色と同じグレーで2回塗しました。

 

短毛ローラーで上塗りをします。
毛が短いローラーなので目地部分まで塗料が届かず、タイル模様を生かすことができます。

 

最後の仕上げに、目地のタッチアップをします。タッチアップとは、一度仕上げたところを上からもう1度塗ることです。H様邸の場合は、筆で目地をなぞってタイルをくっきりとさせる目的で行いました。
すべて職人の手作業です。

 

こんな風にきれいに仕上がりました。

 

玄関まわり。サッシまわりもしっかり塗装できています。

アフターコメント

ウオハシのこのホームページからお問合せくださった加古川市H様。
「ホームページに載っていたように、サイディングのタイル調を生かした塗装をしたい」とのご相談をお受けいたしました。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら