防犯リフォーム

dorobou_picking

みなさんのお家のドアに、鍵はいくつ付いていますか?
1つのドアに2つの鍵があると、泥棒が鍵を開けるのに時間がかかるうえに、心理的に避けたくなる防犯効果があります。
「1ドア2ロック」は防犯の基本です

 

目標は5分!開けられない鍵

泥棒の侵入経路として1番多い場所は窓ですが、玄関や勝手口からの侵入も後を絶ちません。
プロの泥棒ともなると、古い鍵なら10秒もかからずに開けてしまいます。

侵入を諦める時間について元泥棒に調査したデータによると、2分が約17%。
2分以上5分以内が約51%です。
つまり、泥棒からの攻撃に5分耐えることができるドアなら、約7割の泥棒が浸入を諦めるということです。

 

111

70%近い割合の泥棒が、5分以内にドアを開けられなければ諦める

ちなみに・・・泥棒のおもな侵入手口は3つ
①ピッキング(金属製の特殊工具、ピックを鍵穴に入れて、短時間で錠をあける手口)
②サムターン回し(外側からドリルで穴を開け、内部のドアロックのつまみ、サムターンを強引に回して開ける手口)
③ドアのこじ破り(ドアと壁の隙間にバールなどの工具を押し込み、てこの原理で錠を破壊する手口)

 

1つのドアに2つの錠

1ドア2ロックとは、1つのドアにおもな鍵と補助錠を付けることです。
チェーンは補助錠にはならないので注意しましょう。
2つ鍵が付いていることで、鍵を開けるのにかかる時間が倍になると同時に、見た目から泥棒が浸入を避ける効果が期待できます。

 

ant08_im_01

上に付いているのが補助錠、下がメインの錠。
補助錠を新たにつけるリフォームは、短くて約2時間で完了します。
お値段は一般的に2万5000円~6万円ほど。
空き巣にあったときの被害を考えると、リーズナブルですね。

 

勝手口も忘れずに2ロックを

ドアは玄関だけではありません。
玄関よりも人目につきにくい勝手口は、より泥棒に狙われやすいところです。
勝手口にも1ドア2ロックを忘れずに防犯に努めましょう

 

手軽にピッ!とするだけで、玄関キーをパッと開け閉め

「鍵が2つあると、開け閉めが面倒」「買い物帰りなどは特に大変」・・・という方もいらっしゃると思います。
そこで、今回はリクシルの「エントリーシステム」をご紹介

 

security_img_01

リモコンやカードでラクにカギを開け閉めできる「エントリーシステム」。
たとえば「カザスプラス」の場合、カギの開け閉めは、ドアのボタンを押してカードをかざすだけで解錠できます。

 

選べる3つのキースタイル

①ケータイやカードをかざすだけ カザスプラス

bnr_a003001001002_07

おサイフケータイ®やカードが、玄関キーに変身。ドアのボタンを押して、かざすだけで解錠。

 

②ボタンを押すだけ タッチキー

bnr_a003001001002_05

ドアのボタンを押すだけで、らくらく解錠。カギを取り出す必要のない、ワンタッチスタイル。

 

③ドアに近づくだけ システムキー

bnr_a003001001002_06

リモコンキーをバッグなどに入れておけば、ドアに近づくだけで解錠。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら