加古川市・高砂市でキッチンリフォームならウオハシにお任せ

 

キッチンでの調理がスイスイこなせるよう工夫された最近のシンクや水栓。

 

以前よりもうんと進化した新しいキッチンなら、

段取りが多いレシピも手を止めずにスムーズに進むので

毎日のお料理がもっと楽しくなりますよ☺

 

便利な機能を3つピックアップしてご紹介いたします!

 

 

 

シンクを調理スペースに

 

キッチンの中でも場所を取るシンクは広さがあるだけに

洗い場としてだけ使うのはもったいないものです。

 

そこで最近は調理スペースとしても活用できる

シンクが続々と登場しています。

 

 

(リクシル)

 

シンクの両端にプレートなどを渡せるタイプ。

 

プレートの上にまな板を置けば、作業スペースが一気に広がります。

 

水切りができる仕様のプレートなら

洗った野菜や食器の一時的な水切りにも便利です。

 

 

 

ワークトップより一段低いシンクの中段くらいの位置に、

プレートを設置できるタイプもあります。

 

これなら、ワークトップへの水はねを気にせず、

茹でこぼしやパスタの湯切りもできます。

 

シンクですると腰が痛くなってしまうお米とぎにも活用できます!

 

 

 

自動水栓で作業効率アップ

 

(リクシル)

 

調理中に水を出したり止めたりする作業も

調理の手を中断させる動きのひとつ。

汚れた手で水栓レバーを触ると、お掃除する手間がひとつ増えてしまいます。

 

でも、手やものを近づけると自動的に水が出る水栓なら、

水栓を汚さずにサッと手を洗えて便利です。

 

包丁などを軽く水洗いしたいときにも手間なくサッと流せます。

 

センサーで手やものの動きを感知するので、

もちろん水を止める手間も不要。

 

水を出したり止めたりといった作業がなくなるだけでも、

作業効率がぐっとアップしストレスフリーになります♪

 

 

 

汚れが勝手に流れるシンク

 

(クリナップ)

 

野菜くずなどが散らばったシンクのお掃除も

手間がかかって面倒なものです。

 

 

最新のシンクには、こうした後片付けも楽に済ませられるよう

工夫された商品があります。

 

たとえば、水を流すだけで

シンク内に散らばった野菜くずなどの汚れを

勝手に集めて排水口へと流してくれるシンク。

 

 

特殊な水路構造を採用しているので、

食器洗いなどで水を流すだけでゴミがまとまって排水口へと流れます。

 

手で汚れをかき集める手間が省けるので、

後片付けがずいぶん楽になりますよ♪

 

汚れを流すために水を使うのではなく、

食器洗いに使った水を利用するのでエコです。

 

 

 

 

 

↓弊社のキッチンリフォーム施工事例はこちらからご覧ください。

ビフォーアフター写真や工事費用・期間などを公開しております。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら