加古川市・高砂市で雨漏り修理ならウオハシにお任せ

 

梅雨の季節に多い、住まいのトラブルといれば「雨漏り」。

 

ふだんの雨なら大丈夫だったのに、

強い雨や数日続く雨のときに急にシミが出てきた、

といったケースもよくお聞きします。

 

天井のシミやカビのにおいが気になったら、

お家のどこかで雨漏りが起きているかもしれません。

 

 

 

厄介なのは気が付きにくい雨漏り

 

雨漏りというとポタポタと天井から水が落ちてきて

天井や壁にシミができるイメージですが、

厄介なのは気が付きにくい雨漏りです。

 

目には見えなくても屋根裏などから水のしたたる音がしたり、

雨のあと室内がカビ臭くなったりするのは雨漏り発生のサインです。

いつもと違うなと感じたら、早目に業者へご相談ください。

 

雨漏りの原因はさまざま。

強風や豪雨によってずれた瓦屋根や、

屋根の棟、瓦同士が交わる谷も

雨漏りの原因となりやすい場所です。

 

また、雨樋や外壁、窓まわり、ベランダの破損や劣化などが

原因となる場合もあります。

 

 

 

診断は信頼できる業者へ依頼

 

さまざまな原因で発生する雨漏りを素人が見つけるのは困難です。

 

ときには雨水が思ってもみない複雑な経路をたどって室内にあらわれるため、

必ずしもシミができるなど症状が出ている場所の真上が原因箇所とは限りません。

 

また、複数の場所で同時に発生していることもあるので、

診断は必ずプロにまかせましょう。

 

信頼できる業者を見つけ、しっかりと診断してもらうことが大事です。

 

 

雨漏りの一般的な診断方法は「散水調査」といわれるものです。

 

原因箇所がどこか大体の見当をつけて、

家の外からホースで水をかけ、

どこで雨漏りが起きているのか目視で調べます。

 

 

そのため、雨が降っているときには特定できることができません。

「今まさに雨漏りしている」と焦って

よく知らない業者へ連絡するのではなく、

雨が止んでから落ち着いて信頼できる業者に連絡しましょう。

 

 

 

↑弊社で雨漏り修理・リフォームをさせていただいたM様邸。

劣化した木製のベランダから雨水が浸入、

ベランダ下にある部屋にジワジワ水が浸みていました。

壁をめくると、木部が腐ってカビだらけになっていました。

 

古いベランダを撤去・新しいものを設置して雨漏りを解消し、

壁は下地から作り直しました。

 

 

 

雨漏りは建物内部を湿らせ、

放っておくと木部が腐り白蟻が発生したり、

お家の耐震性能が低くなったりしてしまいます。

 

深刻な被害が出る前に、気になる症状を見つけたら

早めの診断と修繕を行いましょう。

 

 

 

↓弊社の外装リフォーム施工事例はこちらからご覧ください。

ビフォーアフター写真や工事費用・期間などを公開しております。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら