加古川市・高砂市で窓リフォームならウオハシにお任せ

日差しが強くなるほどに室内の温度もどんどん上昇していくこの季節。夏の室内を暑くさせるのは「窓から入ってくる日差しと熱」です。窓回りを見直せば、部屋の中がぐっと過ごしやすくなりますよ。

 

日差しは窓の外でカット

夏場に室内に入ってくる熱の約70%は窓からといわれています。いくら室内を冷房で冷やしても、窓に直射日光が当たれば室内の温度はぐんぐん上昇。夏の日差しは窓の外側でカットするのがポイントです。

 

とはいえ、シャッターなどで遮ると昼間から部屋が暗いままに・・・。そこで便利なのが光を適度に取り入れつつ、強い日差しをカットしてくれる外付けタイプのロールスクリーンです。
最近は、専門金具で簡単に取り付けられるものも登場しています。壁に穴をあけない工事なら、1つの窓に最短30分で取り付け完了。2階の窓にも設置できるので、暑さが気になるいろいろな部屋に取り付けられます。
逆に、日差しを取り入れたい冬は巻き上げてコンパクトに収納しておけます。

 

また、高度が高い夏の太陽にはオーニングやひさしも有効。夏場は強い日差しを遮り、冬はやわらかな日差しを取り込みます。風の通り道を遮らないので涼風を採り入れやすく、自然で快適なエコライフを楽しむことができます。

 

冷房費は、何もつけていない場合と比較すると約3分の1です!

 

↑すだれのような目隠し効果も期待できる、メッシュのスクリーンを内蔵したタイプ。
オーニングとのコーディネートで、デッキを開放感のある趣味のスペースに。大勢の仲間を招いてのガーデンパーティーなど、多彩な用途に活躍します。

 

外の熱を入れない高断熱ガラス

ほかにも、窓ガラスを熱を通しにくいものに替えるのもひとつの手です。
一般的に普及している「1枚ガラス」と呼ばれる窓ガラスは文字通りガラス1枚だけの構造。断熱性が低いので、熱をどんどん部屋に入れてしまいます。

 

でも、ガラスを2枚使った複層ガラスを選べば、2枚のガラスのあいだにある空気層が断熱効果を発揮。1枚ガラスの2倍、熱の流入を抑えます。

 

さらに、2枚のガラスのあいだに熱の伝わりを抑える金属膜が入った高断熱タイプのガラスなら、断熱性は1枚ガラスの4倍に。

 

2枚のガラスのあいだにアルゴンガスが入ったタイプもあります。
アルゴンガスとは、空気中に約1%存在する毒性のない不燃性の不活性ガス。電球や蛍光灯の中にも使用されています。熱を伝えにくく空気よりも比重が重い特性があるので、複層ガラスの中空層で対流を抑えて断熱効果を高めます。

 

部屋の内側からの遮断でさらに快適

窓の外や窓ガラスによる対策に加えて、カーテンやロールスクリーンで窓の内側も遮熱すれば室内の快適さがぐんと増します。最近は、遮熱効果のある繊維や太陽の熱を反射する糸を使ったものなど機能性の高い商品が続々と登場しています。

窓回りで上手に暑さをコントロールすれば、エアコン効率も上がり、省エネにつながります。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら