加古川市・高砂市で浴室リフォームならウオハシにお任せ

湿気や熱がこもる浴室は、お家の中で特にカビが生えやすいところです。今回はそんなお風呂の「目地」に注目して、最新システムバスのポイントをご紹介します。

 

接合部の位置を高くする

浴室の目地(継ぎ目)は床とバスタブ、床と壁などの角にあるものが一般的でした。するとそこに水アカや汚れがたまりやすく、カビの原因となっていました。

そのお悩みを軽減するのが、角にある目地の位置を少し高くすることで、水アカや汚れをたまりにくくしたタイプの浴室です。
目地は高くしたことで乾燥しやすくなり、洗いにくかった角はスポンジなどで簡単にお手入れできます。

 

カビが生えにくい硬めのパッキン

従来の目地に使われるパッキン(コーキング材)は柔らかい素材で汚れが落ちにくく、カビの根(菌糸)も入り込みやすいものでした。汚れを落とそうと強くこすったり、漂白剤などの強力な薬剤を使ったりして、パッキンが傷んでしまうことも。

そこで登場したのが、硬めの樹脂でできたパッキンです。
従来のパッキンとはちがって、カビの根が入り込みにくく、強い薬剤を使わなくても掃除できるのが特長です。

 

工夫された浴室で心地いいバスタイム

カビの根が深く入り込み、黒くなってしまったパッキンを元のきれいな状態に戻すのは難しいでしょう。目地はまめにお手入れしていてもカビの生えやすい場所です。

素材や位置などが工夫されたものを上手に取り入れて、カビが生えにくい状態にしておくと、家族みんなが心地よくお風呂に入れますね。

 

<お風呂リフォームの施工事例はこちらをクリック!>

ウオハシが手掛けたお風呂リフォームのBefore・Afterを約190件公開しております!ぜひご覧ください。(2018.10.21現在。まだまだ増える予定です!)

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら