加古川市・高砂市でお風呂リフォームならウオハシ

 

お風呂のドアには主に3つの種類があります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、間取りや家族構成なども考慮して選ぶことが大切です。

 

 

①折り戸

 

【メリット】

○価格が安い

LIXIL、TOTO、Panasonicなど、多くのメーカーのシステムバスは、折り戸が標準仕様(基本仕様)になっています。

開き戸・引き戸はオプションで追加料金がかかりますが、折り戸は追加料金がかかりません。

 

○省スペース

開き戸に比べると、折り戸はドアの開閉時にスペースを取りません。

 

【デメリット】

○掃除しにくい

折れ曲がる接続部分に汚れがたまりやすく、掃除がしにくくなっています。

ドアの作りが複雑な分、細かいところに汚れがたまります。

 

 

②開き戸

 

【メリット】

○掃除が楽

折り戸とは逆で、ドアの作りがシンプルなので掃除しやすいです。

 

【デメリット】

○追加料金がかかる

標準仕様ではない場合が多く、追加料金がかかります。

 

○開閉にスペースが必要

お風呂のようにスペースが限られている場所では邪魔になりやすいです。

また、お風呂の中で人が倒れたとき、倒れた人にぶつかってドアを開けられないというリスクがあります。

 

 

③引き戸

 

【メリット】

○開閉にスペースが不要

万が一お風呂の中で人が倒れても、外側からドアを開けられるのですぐ救助することができます。

洗濯機やタオル掛けに干渉する心配もありません。

 

○誰にでも使いやすい

子どもや高齢者など、手の力の弱い方でも開閉しやすいです。

開閉時にバランスを崩したり指を挟んだりといったアクシデントも起きにくくなっています。

 

【デメリット】

○追加料金がかかる

標準仕様ではない場合が多く、追加料金がかかります。

また、開き戸よりもお値段は高くなります。

 

 

お風呂リフォーム施工事例

 

ウオハシが実際に施工したお風呂リフォームは↓こちらからご覧ください!

工事費用・日数・ビフォーアフター写真を公開しております。

 

※折り戸・開き戸・引き戸の画像はLIXIL「アライズ」です。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら