全面リフォーム(担当)車塚

<加古川市Y様邸・これまでの現場ブログ>

着工

 

 

解体が完了し、次は店舗部分に新しい基礎を作っていきます。

 

 

コンクリートブロックを図面通りに積んで作ります。

 

その基礎の上に床を作ります。

 

 

断熱材を入れて、ベニヤ板を貼りました。

 

 

その後、新しい間仕切り壁の骨組みを作りました。

 

 

構造用金物を付けました。

 

こちらはトイレになるところ。便器用と手洗い器用の配管がつながれました。

 

こちらは、もともと倉庫だったところ。土壁の上に左官仕上げがされている壁は、これから窓用にくり抜いていく予定です。

 

 

一般的に使われる合板は1m80cmくらいの高さで、複数枚を組み合わせて壁を作ります。しかし、こちらは床から天井までズドーンと1枚の板が通っています。区切りがないので強度が高く、「耐力壁」となっています。

 

Y様邸は築年数が経っているので、しっかりと補強しながらリフォームしていきます。

 

キッチン横の窓。壁を解体して枠を作り、サッシをはめ込みました。

 

洗面所の窓も同じように取り付けました。

 

洗面所・浴室を設けるところ。

 

土壁を解体、竹編み部分しか残っていない状態です。
水圧テストをして、トイレなどが問題なく使えるか検査しました。

 

その後、トイレの壁下地を作り、新しいサッシを入れました。

 

 

洗面所と浴室。下地はほぼ出来上がりました。

 

トイレ前の廊下の突き当たりに、勝手口と窓を取り付けました。そして、壁を作るところには大きな筋交いを入れて、耐震面を強化。

 

他にも至るところに、筋交いが入れてあります。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら