バリアフリー改修・陸屋根防水工事(担当)車塚

少し前に外壁塗装をさせていただいた加古川市H様邸。そのときは陸屋根の防水をしなかったのですが、「家を長持ちさせるためにやはりメンテナンスしたい」と、今回防水工事をさせていただくこととなりました。また、足の悪いお母様のためお風呂を中心にバリアフリーにしたいということで、介護保険の助成金を利用してそちらも実現することに。

 

まずはお風呂・内装リフォームの様子からお見せしていきます!

こちらが既存のお風呂です。タイル仕上げで、正方形に近いかたちの浴槽が入っています。

 

 

浴槽まわりに掴まるところが少ないのに加え、洗い場の床と浴槽の底に高低差がありました。

 

さらに入り口には段差がありました。

 

その古いお風呂を解体します。

 

壁と床のタイルはすべて剥がしました。

 

システムバスを入れるために床の高さを測っているところ↑

 

配管工事をしました。

 

この配管は基礎の開口部から外に出ていて・・・

 

新しい給湯器に接続します!(リンナイのエコジョーズ)

 

ちなみに、前のボイラーはこちら↑
年数が経っていて古くなっていました。場所も取っていたので、新しいものに替えてスッキリとしました!

 

組み付け完了です!

 

 

浴槽の中と外の高低差が縮まり、安心して出入りできるようになりました。

 

天井まである大きな窓が付いていたのですが、システムバスを入れると上の窓は開けられなくなってしまいます。

 

そこで上部はなくして仕上げました。

 

外からはもとの窓全体が見られます。あまり費用をかけられなかったため、外壁やサッシをさわらず、パネルで隠しする方法をご提案いたしました。

 

リフォーム前の洗面所。

 

段差解消のため、新しい床下地を作りました。

 

壁も、システムバスを入れたあとに下地を作りました。

 

リフォーム前の勝手口。

 

 

段差があったのですが、掴まるところがなかったため手すりを取り付けました。

 

お家の内側にもひとつ付けました!

 

最後に陸屋根の防水工事について書きます。

リフォーム前の陸屋根。

 

ベランダもあります↑

 

状態は悪く、シートが剥がれてきているところもありました。

 

前回の外壁塗装のときに、点検させていただいて剥がれのひどいところなどは補修をしておりました。

 

雨水が浸入しないようにコーキング材で塞いでいます。

 

下塗りとして、塩化ビニル防水シート用のプライマーを塗りました。

 

その上にトップコートを2回塗ります。

 

ツヤツヤに仕上がりました。防水性もばっちりです!


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら