外壁塗装・屋根重ね葺き(担当:森多)

築30年の加古川市I様邸。
「屋根と外壁が汚れてきているので、メンテナンスをしないといけないと思って・・」と、外装リフォームのご相談をいただきました。

 

I様邸は工場の近くに建っており、ばい煙の影響もあってか外壁がひどく汚れていました。
木部の腐りや、金属部の錆びも見受けられました。

 

塗装が剥げてきているところも・・↑

 

屋根も外壁と同じく、かなり汚れが付着していました。

 

塗装の職人も「ここ何十年くらい見ていないくらいの状態」と。
今回は塗装よりも屋根材ごと一新するのが良いと思われたので、金属屋根の重ね葺きをご提案いたしました。

 

足場を組み立てました。

 

 

既存の屋根「カラーベスト」を撤去してしまわずにその上に、新しい防水シートを葺きました。
さらにその上に、金属屋根材「ディプロマット」を葺きます。

 

屋根葺き完了です!

 

「ディプロマット」は自然石粒仕上げでマットな質感。
I様は「いかにも金属とわかるテカテカした感じはあまり好きではない」とのことだったので、このディプロマットをお勧めさせていただきました。

真っ黒ではないまだらな色は、年月が経つとより馴染んで良い風合いを生みます。

 

次に外壁塗装を行います!

 

バイオ高圧洗浄。樋をつたって流れてくる水は真っ黒です。
外壁に付いていた汚れやカビ、微生物がしっかりと落とせているのがわかります。

 

その後、塗装作業に入ります。「パーフェクトプライマー」で下塗り。

 

中塗り・上塗りには「ファインパーフェクトトップ」を使用しました。
当ホームページでもよく登場する「パーフェクトトップ」と名前が似ていますが、「パーフェクトトップ」は水性の1液型塗料で、今回の「ファインパーフェクトトップ」は2液型塗料。

2液型のほうが1液型よりも手間・費用がかかるのですが、そのぶん耐久性が高く長持ちします。
(※2液型の扱いは難しく、使用には熟練した技術や経験が必要です。DIYには向かないのでご注意ください。)

 

 

破風や雨戸、軒天はウレタンで塗装しました。

 

↑庇もきれいになりました。

 

足場を解体します。

 

完成です!

コーディネートするのがお好きな奥様のこだわりで、ぱっと見ではわからないくらい微妙に違う色で細かく塗り分けてあります。

 

外壁は白にとても薄い水色を混ぜた色です。

 

軒天は白色、破風は外壁より少しグレーを入れた色です♬

 

そして、塗装が終わって最終チェックをしているときに、お家の裏の普通だったらないようなところに水たまりが見つかりました。
スタッフがおかしいなと思い、調べてみると枡が割れて排水管からの水が漏れてきていました。

 

そこで、古い配管を掘り起こして新しく入れ直しました。

当初は予定になかった思いがけない工事でしたが、この機会に発見・解消することができ、I様にも喜んでいただけました!


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら