玄関リフォーム(担当:車塚)

高砂市T様邸は、数年前に外壁塗装をさせていただいたお家です!
外壁がきれいになると玄関ドアの古さが目立ち、気にしていらっしゃったそう。そして、「だいぶんくたびれてきたし、新しくしよう」と玄関リフォームをご依頼くださいました。

 

こちらがリフォーム前の玄関ドアです。

 

LIXILの玄関ドア「リシェント」に、カバー工法で取り替えました!

《カバー工法とは》既存のアルミ枠をそのまま残して、その上に新しいアルミ枠をかぶせる方法のことです。
カバー工法のメリットは工期が大幅に短縮できること。なんと、半日~1日で完成してしまいます!サッシ職人のみで工事が完結するので、費用も抑えられます。

 

↑リフォーム前の玄関チャイムです。ピンポンと音が鳴るだけのシンプルなものでした。玄関ドアのリフォームをするこの機会に新しくしたいとご希望されていました。

 

カメラ・通話機能付きのドアホンに取り替えました。

リフォーム前のチャイムは電池式だったので、もともと電気の配線がありませんでした。そこにドアホンを付ける場合、線を引っ張ってこなければいけないのですが、この新しいドアホンはワイヤレス(無線)なので配線の手間・費用が省けました。

 

そして、ドアホンと繋がっているリモコンがこちら

こちらもワイヤレスで、電話の子機のように持ち運ぶことができます。1階でも2階でも使うことができるのでとっても便利です


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら