水まわり・内装リフォーム(担当:長野)

 

今日は、前回に続き

高砂市K様邸のリフォームの様子をお見せしていきます!

 

<高砂市K様邸・これまでの現場ブログ>

お風呂・洗面所

 

リフォーム前のキッチン・ダイニングです。

 

キッチンはほとんど壁で囲われていました。

「ダイニングや和室にいる家族の様子が見えにくい」

と、奥様は寂しく感じていらっしゃったそうです

 

キッチン・ダイニングの隣には、押入れ付きの和室がありました。

背の低い襖で間仕切られていて

見通しが悪く、全体が狭く感じられました。

 

↓それでは工事スタートです↓

既存のキッチンを撤去しました。

 

構造上必要な柱を残して、

キッチン周りの壁を取り払いました。

 

壁がなくなると、かなり見通しが良くなりました!

 

リフォーム前にあったコンロ前の壁も解体。

 

その分の補強として、梁を新しく入れました。

 

 

金物でしっかり取り付けています。

 

和室も同時進行で工事していきます。

 

畳を撤去しました。

 

こちらの押入れは・・・

 

解体して、一旦なにもない状態に。

ここにはテレビスペースと、パントリー(食品庫)を新しく作ります。

 

和室の押入れはもともと、

ご主人の洋服などを入れていらっしゃったのですが、

リフォーム前にかなり断捨離されたんだそう。

厳選の末残った物の収納場所は、また別のところに設けます。

 

それがこちら

ガレージ⇔廊下の通路なのですが、使用頻度は少なめとのことで、

ご主人の仕事着や息子様の制服をかけておけるクローゼットにしてしまいます!

 

玄関から入ってすぐのところにあるので、

家を出るときや帰宅時の動線も良くなります。

 

和室⇔キッチン・ダイニングの間仕切りの役割をしていた襖を取って、

周りの壁を一部解体しました。

 

そして補強のため、壁に筋交いを増やしました。

 

この筋交いを入れた壁は、LDKの入口近く・キッチンの横にあります。

LDK内の照明や給湯器のスイッチは、ここにまとめて設置。

 

就寝前や外出前、

全部OFFになっているかチェックするのにとても便利です!

 

こちらの元和室は、キッチン・ダイニングに取り込んで

LDKの一部にします。

 

床の高さが同じになるように調整しながら、床の下地を作りました。

断熱材の施工もぬかりなく、びっしりと詰めました。

 

こちらはダイニング。

エアコンやカーテンレールを取り付ける箇所にベニヤ板を張って、

十分な強度のある壁下地を作りました。

 

新しいフロア材を張っていきます。

 

永大の無垢フローリング「プレミアムク」、

オークのホワイト色を使用しました。

 

オークは木目がはっきりしていて、

ナチュラルなインテリアとの相性が良いです。

ホワイトの床は部屋が明るく見え、さわやかな印象を与えます。

 

キッチン・ダイニングと元和室の床に、ひと続きにフローリングを張りました。

敷居をなくして、広いワンルームとして使えるようにします!

 

フローリングを張ったあとは、養生シートを敷いて次の作業に進みます。

 

ダイニングの隅に作業台を作り付けました。

奥様が手芸やアイロンをするスペースになります。

 

ダイニングにはテレビ台も作り付けます。

 

キッチン横の抜くことができない2本の柱は、周りに下地材を張って・・・

 

棚を作りました。

 

オープンキッチンはまめに片付けをしておかないと

生活感が丸見えになる・・・というデメリットがありますが、

この棚が程良い目隠しになります。

 

新しいシステムキッチンを取り付けました。

クリナップ「クリンレディ」、フルフラットの対面型です。

 

背面にはお揃いのカップボードを設置しました。

 

和室の襖が付いていたところに、引き戸用の枠を取り付けました。

 

引き戸は、3枚の連動式

 

足元にはレールの代わりにマグネットピンが付いていて、

パネルのふれを抑えます。

 

☆普段は、扉を開放して大きなワンルームに

☆来客時は、扉を閉めて2間に

などといった使い方ができます!

 

窓際には室内用物干し「ホスクリーン」のスポット型を取り付けました。

ポールは脱着式で、使わないときも邪魔にならない優れものです。

 

↑ポール装着の様子。ほんの数秒でできます!

 

もともと押入れのあったところに、造作のテレビ台を付けました。

横幅いっぱいいっぱいのピッタリサイズ。

K様はDVD類を沢山お持ちで、その収納に活躍するはずです。

 

既製品だと、こうピッタリはまるものはなかなか出合えませんよね。

変に隙間ができたり、部屋に馴染まない色だったり・・・

そういったことがないのが

造作の1番のメリットです

 

 

長くなってしまったので、

続きはまた次回のブログに持ち越します

今日もお読みいただき、ありがとうございました。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら