外構工事(担当:車塚)

 

以前リフォームをさせていただいたことのある高砂市H様から

ブロック塀の改修工事をご依頼いただきました。

 

 

こちらがリフォーム前のブロック塀です。

 

およそ80年前に建てられたもので、

いつ崩れてもおかしくない状態でした。

 

 

大きなひび割れが見受けられます。

 

H様はずっと気にしていらっしゃったそうで、

今なら高砂市の危険ブロック塀撤去の補助金が出ると聞いて、

思い切って工事を決意したとのことでした。

 

 

工事開始!

まず、古いブロック塀の解体作業から行っていきます。

 

 

解体が終わり、見通しがかなり良くなりました。

 

 

こちらは、ブロック塀が食い込んでいた倉庫。

 

ブロック塀を撤去したら

倉庫の骨組みがボロボロになってしまっていたので

やり替えて補強しました。

 

 

倉庫の外壁と屋根の一部に

新しい板金を張りました。

 

 

古いブロック塀を撤去したままだと

道路から庭が丸見えなので、

4段の低いブロック塀とフェンスを設置します。

 

 

完成です!

 

三協立山アルミのフェンス「スーパー速川」を使用しました。

 

 

古いブロック塀を取り壊して

新しく作り直したことで、

地震などで倒れて事故が起きる危険性が

ぐっと下がりました。

 

工事が終わったあと

H様もほっとされていました。

 

また、見通しと風通しが良くなり

すっきりとしたお庭になりました!

 

 

こちらの高砂市H様邸の工事は

2019年11月に行ったものです。

 

高砂市・加古川市どちらも

危険なブロック塀の撤去支援事業は

2020年2月1日現在、受付終了しています。

 

補助金がないぶん費用の負担が大きくなりますが、

危険なブロック塀を放置して

通行人などにケガをさせてしまった場合は

所有者の責任が問われる場合があります。

 

点検やメンテナンスを定期的に行う

ことをおすすめします。

 

 

 

↓ひとつでも当てはまると危険!

 ブロック塀のチェックポイントは、こちらのページでご覧ください。

 

【こんなブロック塀は危ない!】加古川市・高砂市の補助金を利用して危険なブロック塀を撤去【外構リフォーム】

 

 

施工事例およそ700件公開中!

↓下の画像をクリックして

 ご覧いただけます(*^-^*)

 

加古川市・高砂市、その周辺地域で

リフォームをお考えの方は

創業122年実績豊富なウオハシにご相談ください!

 


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら