お風呂リフォームのポイント

pht_mv_setplan_med01_w1620_01

浴室リフォームを行う際、つい後回しにしがちなのが「窓」です。
せっかく保温性の高いユニットバスにしても、古い窓のままでは冷たい空気が窓から入ってきてしまいます。

 

冷気を通す古い窓

時間や予算の関係で、浴室のリフォームをする際に、窓を替えずにそのまま使用するケースは多くあります。
しかし、古い窓の多くで使われているのは1枚ガラス。
1枚だけのガラスで構成された1枚ガラスは、断熱性が低いため、外の冷気が室内に伝わり、浴室が冷えてしまいます
そのため、浴室リフォームをするなら、窓の交換もいっしょにすることが理想です。

最近の窓は、複層ガラスといって、2枚のガラスのあいだに空気層を持たせたガラスが主流になってきています。
複層ガラスは断熱性が高いので、外の冷気をシャットアウト、浴室をあたたかく保ってくれるのです

 

短時間で低コストの窓リフォーム

これまでの窓リフォームといえば、外壁を切ったり、2階以上なら足場を組んだりと、大がかりな工事が必要で、時間も費用もかかるのが一般的でした。
しかし最近では、手軽に窓のリフォームができる商品が登場しています。
既存サッシの枠の上からカバー剤をかぶせるカバー工法で取り付けるタイプなら、外壁を切る必要がありません。
時間もかからず費用も大幅に抑えることができます。
メーカーやシリーズを問わず、たいていの窓には施工ができ、1窓当たりのリフォームは約2時間で完了してしまいます

 

ヒートショック対策にも有効

もちろん、浴室全体のリフォーム時に限らず、窓だけのリフォームも可能です。
窓を替えるだけでも、浴室内に入り込む冷気が抑えられ、ヒートショック対策としても有効です。
窓は、浴室の断熱を考える際にとても重要な場所です。
手軽にできる窓リフォームがありますので、浴室リフォームの際には窓の交換もぜひご一緒に検討してみてください

 

おまけ <どっちがお得?お風呂の残り湯を追い炊きVSいちから給湯>

温かいお風呂が気持ち良い季節ですが、毎日のガス代が気になるという方も多いのではないでしょうか?
東京ガスの試算によると、200リットルの水を追い炊きで沸かし直す場合のガス代は88.4円。一方、同じ量の湯をいちから給湯する場合は76.1円。
これは、いちから給湯する方がガスを効率よく使うことができるためで、これだけ見ると給湯し直したほうがお得です。しかし、水道代は200リットルで約50円。トータルで考えると、残り湯を追い炊きしたほうが経済的といえます

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら