お風呂リフォーム

ジメジメしてカビが生えやすい梅雨時。なかでも浴室はカビの栄養素になる皮脂汚れに、高温・多湿と、カビの生える条件がそろった場所です。最新のユニットバスならそんなジメジメやカビを防ぐ工夫がいっぱいですよ!

 

皮脂汚れを寄せ付けない床

お風呂が汚れる大きな原因は身体から出た皮脂の脂分。これを栄養にしてカビやヌメリが発生します。特に床は皮脂汚れによるカビが発生しやすい場所ですが、最近は汚れがつきにくいよう工夫された床が登場しています。
たとえば油をはじく成分を配合した特殊な表面加工を施した床なら、皮脂汚れの付着を抑制します。溝も水たまりができにくい設計になっているので、水はけが良くカラリと乾きます。
また、水がたまりやすいコーナーの目地をなくしたタイプもあります。スポンジがすみまで届くので、汚れをすっきり落とせます。

 

トクラスの「うつくしフロア」。溝に水を引き込んで、速やかに排水口へ誘導するフロアパターン。翌朝にはほとんど乾いている。

 

表面に撥油成分を配合。皮脂汚れをはじいて、こびりつきにくくする。

 

水で流せば壁掃除が完了

浴室の壁も、身体を洗うときに飛び散る石鹸かすなどで汚れやすい場所。面積が広い分、お掃除も大変ですよね。でも水になじみやすい特殊加工を施した壁なら、シャワーをかけるだけで汚れを流してくれるので、ごしごしとこする必要がなくなります、水滴が残りにくく、乾きやすいのもポイントです。

 

タカラの「ホーロークリーン浴室パネル」。

 

シャワーをさっと流すだけで美しさを保てる。軽い汚れは水拭きで簡単にオフ!

 

ほこりがたまりにくい浴室ドア

換気口が下に付いた浴室ドア。ほこりがたまりがちな換気口をサイドや上部に設置したものなら、ほこりがぐっとたまりにくくなります。また、浴室側のパッキンをなくしたものなら、お掃除もサッと拭くだけで終了します。

 

壁から離れたカウンター

隅の汚れが気になるカウンターは、壁や浴槽から話したデザインが登場しています。奥までぐるりと洗えるので、掃除もラクラクこなせます。

 

壁と浴槽から離れたデザイン。ぐるりと一周拭き掃除ができます。

 

湿気をすみずみまで取り除く換気設備

浴室の換気もジメジメ対策に欠かせない設備のひとつ。湿気を排出する浴室換気機能や、24時間換気機能が搭載された浴室乾燥機を設置すれば、浴室の湿気を取り除き、カビやニオイの発生を抑えてくれます。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら