内装リフォーム

いつも何気なく接している床ですが、その素材にはいくつかの種類があるのをご存じですか?それぞれのメリット・デメリットを知り、お気に入りの床材を見つけてくださいね。

 

木材の味を楽しむ無垢フローリング

無垢フローリングとは1枚の板で作られたフローリング材で、単層フローリングと呼ばれることもあります。1枚板なのでツヤや香り、気の温もりなど木材の魅力をぞんぶんに楽しむことができます。しかし、自然素材のため反りや曲りが起こりやすく、傷が付きやすいのが欠点です。

 

1本の木から板を切り出した無垢フローリング(ウッドワン)。傷の目立ちにくい「うづくり仕上げ」が施されている。

 

種類の豊富な複層フローリング

複層フローリングには2種類あります。1つは基材の上に薄くスライスした木材(突板)を貼りつけたタイプのフローリング。表面に貼る木材によって様々な色や風合いが楽しめ、水にも強いといいます。
基材には木の繊維を固めたものが使われているので、湿度や季節によって生じる歪みが少なく、施工が簡単です。
もう1つは基材の表面に木目や石目などの印刷を施したシートを貼ったシートフロアです。シートは樹脂なので、水や汚れに非常に強く、傷が付きにくいのが特長です。
印刷なので、幅広い色柄があり、木の質感や肌触りが再現されている製品もあります。また、木材にはできないような幅の広い板を作ることも可能です。

 

まとめ

◆無垢フローリング
<メリット>木材をカットしただけなので、木本来の魅力を存分に楽しめる。
<デメリット>反り、曲りが起きやすく傷がつきやすい。

◆突板フローリング
<メリット>さまざまな木材の色や模様が楽しめ、歪みが生じにくい。
<デメリット>木の風合いは無垢フローリングに劣る。

◆シートフロア
<メリット>木目だけでなく石目柄など豊富なバリエーション。幅広の板も作れる。水にも強い。
<デメリット>表面が樹脂シートなので、木の味わいはない。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら