内装リフォーム

ジメジメする梅雨の季節は、カビが発生しやすく健康面も気になるところ。エアコンで除湿もできますが、電気代も心配ですよね。そこで、壁や天井につける調湿効果のある壁材があるのです。今日はそれらをご紹介いたします♬

 

○調湿壁材とは?

日本は湿気の多い國。湿度が身体や家に与える影響は思いのほか大きいものです。湿度が高すぎるとカビや結露が発生しますし、低すぎてもインフルエンザウイルスなどの増殖が心配です。そして何よりも、ジメッとしていると夏は蒸し暑く、不快ですよね。その不快な湿気を自然にコントロールしてくれるのが調湿壁材なのです。

 

《パネルタイプ》大建工業「さらりあ~とテキスタイル」
放湿効果のあるボードの表面素材に和紙織物を使用している。高級感があり、落ち着いた雰囲気の部屋にぴったりです。

 

○調湿壁材の種類

調湿壁材にはパネル状のもの、タイルのようなもの、そして木の板をそのまま貼るものなど、いくつかの種類があります。どの内装材にも、細かく穴がたくさんあいており、この穴が余分な湿気を吸収し、逆に乾燥しているときは吸収した湿気を空気中に放出します。そのため、1年を通じて快適な湿度を保ってくれるのです。

また、デザイン性に富んだものが多く、お部屋がぐんとスタイリッシュになります。1面だけ壁材を変えて、アクセントにするのも楽しいですよ。リビングだけでなく、寝室や玄関などにも合うデザインがあり、お部屋に高級感がプラスされることでしょう。

 

《木板タイプ》朝日ウッドテック「cool japan」
木材には細かい穴が無数にあいており、吸放湿効果が高い。杉やひのきの木目の美しさで、スタイリッシュながらも安らぐ部屋がつくれます。

 

《タイルタイプ》LIXIL「エコカラット」
微細な穴があいている天然の粘土を焼き固めて作られた壁材。機能的なだけでなく、タイルの陰影が住まいに上品なアクセントをもたらす。玄関の嫌なニオイも吸収します。

 

○最後に・・・

夏のジメジメだけでなく、冬の乾燥からも守ってくれる調湿壁材は、お手軽に設置することができます。お部屋の雰囲気を変えつつ、さらに心地よい空間づくりをしてみてはいかがですか?

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら