加古川市・高砂市でお風呂リフォームならウオハシ

 

お風呂で簡単にできる美容・健康法といえば半身浴♪

心身ともにリラックスした状態で長い時間半身浴をするには、

バスタブの形状も重要になってきます。

 

 

 

血行と代謝を促進する半身浴

 

半身浴はお腹までお湯につかることで発汗を促し、

血行や新陳代謝を良くするともいわれています。

胸がお湯から出ているため、心臓への負担の少ない入浴法です。

 

昨今の美容ブーム・健康志向の影響を受け、

ご自宅で実践しているという方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

段差のあるバスタブでらくらく半身浴

 

半身浴ではある程度の時間お湯に浸かっている必要があります。

そのためには楽な姿勢でいられることがとても大切ですよね。

 

そこでおすすめなのが座ったままで半身浴を楽しめる、

段差のあるバスタブです。

「ベンチタイプ」とも呼ばれます。

 

椅子に腰かけている姿勢をとれるので、

長時間楽にお湯に浸かっていることができます。

 

 

タカラのシステムバス「プレデンシア」、

くつろぎラウンジ浴槽(ベンチ付)。

 

ゆっくりと深く身をゆだね、

静かにくつろげるラウンジのような優しく穏やかな時間が過ごせます。

 

 

計算された緩やかな曲線形状が首・肩を包み込むようにフィット。

ハイバック形状なので、

ゆったりと体を預けてくつろぐことができます。

 

 

 

半身浴も全身よくも簡単に切り替え

 

段差のあるバスタブのメリットは、

腰かけていて体が冷えたら向きを変えるだけで全身浴ができる点です。

 

これなら、お湯の量を調整することなく、

家族みんながそれぞれの好きな入浴法を

楽しむことができます。

 

段差の分、節水にもなります。

 

音楽を流しながら、雑誌を読みながら、

好きなことをして過ごすリラックスタイムの場にも最適ですね。

 

 

段差があると小さなお子様の腰かけとして、

ご年配の方にはバスタブへの出入りの踏み台としても使用できます。

 

バスタブ内での滑り止め・足止めとしても段差があると安心です。

浸かっているときにうっかりバランスを崩したとき、

体制を立て直しやすくなります。

 

美容と健康のため、リラックスするため、

のんびり半身浴を楽しむ際には水分補給もお忘れなく☺

 

 

LIXILのシステムバス「アライズ」、エコベンチ浴槽。

満水容量を35L削減してデザインと節水を両立させた浴槽です。

 

 

 

↓弊社のお風呂リフォーム施工事例はこちらからご覧ください。

ビフォーアフター写真や工事費用・期間などを公開しております。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら