加古川市・高砂市で外壁リフォームするならウオハシへ!

外壁のリフォームは塗り替え、張り替え、重ね張りと、主に3つの種類に分けられます。
その中でも、一気にイメージチェンジできるのは、重ね張りリフォームです。

 

壁を新しくして住まい長持ち

外壁リフォームの目的は外観をきれいにするためと、壁を守るための2つだといわれています。
特に壁の保護はとても大切。外壁のメンテナンスで建物自体の寿命を延ばすことができるからです。

 

重ねて張るメリットいろいろ

「重ね張り」は既存の壁を撤去せずに、軽量な金属サイディングという外壁材を上から張っていく工法です。「カバー工法」とも呼ばれています。
既存の外壁に重ねて張るため工事が簡単で、工事期間を短縮することができます。また、住んでいる人の日常生活にほとんど支障がなく、住みながらの工事が可能なのも特徴です。
ほかにも、既存の外壁をはがさないため廃材が出ず、環境負荷が軽減されるメリットもあります。

 

断熱効果とカバー工法の注意点

断熱材の入った金属サイディングもあり、それを使えば断熱効果もアップします。同時に遮音効果もありますので、ライフスタイルに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
建物の状態によっては配管などの処理が必要なことがあります。
張り替えよりも簡単で、塗り替えより大きくイメージを一新できるのが重ね張りのリフォームです。

 

塗り替え:今ある壁を塗る

○工事費が安い
○工期が短い
△塗料のニオイがする

 

張り替え:今の壁を撤去して、新しいサイディングを張る

○新築同様の仕上がり
○下地の確認ができる
○以前と違う色柄を選べば、一気にイメージを変えられる
△工事が大がかり

 

カバー工法:今の壁の上にサイディングを張る

○新築同様の仕上がり
○以前と違う色柄を選べば、一気にイメージを変えられる
○工事が張り替えより手軽
△配管処理が必要な場合も

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら