加古川市・高砂市で外壁塗装・屋根塗装ならウオハシにお任せ

お住まいの外壁や屋根に塗装の剥がれやひび割れなどはありませんか?
お家外部の劣化は、放っておくと大がかりな補修が必要になるケースも・・・。定期的なチェックとメンテナンスが大切です。

住まいの外壁・屋根には、建物を風雨や紫外線から守る役目があります。傷んでいると見た目が悪いだけでなく、住宅の劣化につながります。
ここでは塗り替えのサインとなる、外壁劣化の「見てわかる」症状例をご紹介します。

 

①ひび割れ

寒暖による膨張や収縮、地震の揺れなどが原因で発生します。
小さなひび割れなら簡単な補修で済む場合もありますが、ひび割れの幅が大きくなると雨水や湿気が浸入し、建物の腐食につながります。

 

②コーキングの劣化

コーキングとは、外壁材の継ぎ目を埋める目地材のことです。サッシまわりなどにも使用されます。
切れや痩せが劣化のサイン。外壁とコーキング材とのあいだに隙間ができる剥離という劣化症状もあります。
外壁のひび割れ同様、雨水の侵入を招くので放置しないことが大切です。

 

③色あせ、汚れ

色あせは紫外線による劣化で防水機能が低下している状態です。一般的に日当たりの良い部分は色あせしやすくなります。
塗装したてのときのツヤや光沢がなくなってくるのは、塗膜を守る樹脂が劣化するため。しかし、ツヤがなくなってもすぐに防水効果が切れるわけではありません。

汚れはばい煙や雨だれ、カビやコケの発生などが原因で付着します。湿気が多く風通しの悪いところはカビや藻が付きやすくなります。

色あせや汚れは見た目も良くなく、築年数以上に古いような印象を与えてしまいます。
放っておくと下地の劣化や雨漏りにつながります。

 

④チョーキング

チョーキングとは外壁に触れた際、手に白い粉がつく状態のこと。
「白亜化現象」「塗料の風化」「粉が吹く」ということもあります。
塗料の劣化が原因で防水性が低下し、雨が染みこみやすくなっています。顔料を含まないクリヤー塗料など、チョーキング現象が起こらない塗料もありますが、色のついている塗料の場合はほぼすべて経年劣化とともにチョーキング現象は起こるものと考えておきましょう。
粉で手が真っ白になる場合は、劣化が相当進んでいるので、早急な塗り替えをおすすめします。

※外壁の色に応じてチョーキング現象で手に付く色は変わりますので、当然、茶色の壁がチョーキング現象を起こしている場合は、手に茶色の粉がつきます。

 

⑤剥がれ

塗装の密着不良などが原因で、塗装の剥がれが起こります。
外壁塗装の1番の目的は、塗装の内側にある外壁と、さらにその内側の建物自体を守ることです。しかし、剥がれがおきると、下地材が露出して風雨にさらされるため、住宅の劣化を早めます。

 

これらの現象は、時間とともに徐々に進行します。
気になる症状が見られたらお早目にウオハシにご相談くださいね!

 

加古川市での外壁塗装・屋根塗装の施工事例

<加古川市I様邸>約295万円

築30年が経ち、屋根も外壁も汚れが目立ってきていました。「そろそろメンテナンスの時期だから・・・」ということでご相談をいただきました。

 

I様邸は工場の近くに建っており、ばい煙の影響もあってか外壁がひどく汚れていました。 木部の腐りや、金属部の錆び、塗装の剥がれも見受けられました。

 

「ファインパーフェクトトップ」で塗装しました。
コーディネートするのがお好きな奥様のこだわりで、ぱっと見ではわからないくらい微妙に違う色で細かく塗り分けてあります。外壁は白にとても薄い水色を混ぜた色です。軒天は白色、破風は外壁より少しグレーを入れた色です♬

 

破風や雨戸、軒天はウレタンで塗装しました。

 

屋根はカラーベストが葺かれていました。
屋根も外壁と同じく、かなり汚れが付着していました。塗装の職人も「ここ何十年くらい見ていないくらいの状態」と。 今回は塗装よりも屋根材ごと一新するのが良いと思われたので、金属屋根の重ね葺きをご提案いたしました。

 

金属屋根材「ディプロマット」を重ね葺きしました。重ね葺き(カバー工法)は既存の屋根を撤去・処分する作業を省ける分、コストや工期を抑えられます。

「ディプロマット」は自然石粒仕上げでマットな質感。 I様は「いかにも金属とわかるテカテカした感じはあまり好きではない」とのことだったので、このディプロマットをお勧めさせていただきました。 真っ黒ではないまだらな色は、年月が経つとより馴染んで良い風合いを生みます。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら