加古川市・高砂市で窓リフォームならウオハシにお任せ

寒い冬に欠かせない暖房器具。でも、「暖房の効きが悪い・・・」というお悩みも多いものです。
部屋が暖まりにくいのは、窓の断熱性の低さがおもな原因。窓を断熱リフォームすれば、暖房効率が大幅にアップしますよ。

 

寒さの原因は窓

窓はお家の中でいちばん熱の出入りが大きい場所です。窓などの開口部からは、冬の暖房熱の58%が外に逃げ出し、夏の熱気の74%が入り込んでいるといわれています。
つまり、冬の寒さの6割、夏の暑さの7割は窓が原因ということ。断熱性の高い窓にリフォームすれば、冷暖房が効きにくいという悩みも大きく改善されます。

 

高断熱な複層ガラス

一般的に使われている、ガラスが1枚だけの「単板ガラス」は暑さ寒さを通しやすいのが難点。
冷気や熱気が出入りするので、冷暖房費がかさみます。

 

一方で、2枚のガラスのあいだに空気を封じ込める構造の「複層ガラス」なら、断熱効果が単板ガラスの2倍にアップします。

 

さらに、2枚のガラスの内側に熱の伝わりを抑える特殊な金属膜をコーティングした「Low-E複層ガラス」なら、断熱性がさらに2倍になります。

 

フレームは樹脂製に

一般住宅で最も普及しているアルミ製のフレームは、軽くてさびにくい反面、熱を伝えやすい性質をもっています。
このアルミフレームを樹脂製にすると、窓の断熱性が格段に上がります。

 

窓を2重にする内窓

窓リフォームの方法にはいくつかありますが、最も簡単なのは「内窓」を設置することです。

内窓とは、今ある窓の内側に新しい窓(内窓)を設置し、窓を2重にすること。内窓を複層ガラス+樹脂製フレームにすれば、高い断熱効果が得られます。
内窓は工事が簡単なので、施工時間が1時間程度と早いのもメリットです。

 

手軽なカバー工法も

「窓が2重になるのは開け閉めや掃除が面倒だなぁ」という場合は、カバー工法という方法もあります。
カバー工法とは、今ある窓枠はそのままに、上から新しい窓枠とガラスを取り付ける工法。工事は1つの窓につき2時間~半日で終わります。

 

加古川市での窓リフォーム施工事例

リフォーム前の洗面所。お家の北面に位置し、冬場はとても寒い空間となっていました。

 

リフォーム後の洗面所。洗濯機横の小窓にインプラスを取り付けて、冬場の寒さを軽減することができました。

 

リフォーム前のトイレです。

 

トイレの窓にもインプラスを取り付けました。

 

<加古川市Y様邸>

洗面所、トイレのほか、家中すべてのサッシにインプラスを取り付ける工事を水まわりリフォームと並行で行いました。断熱性をしっかり高め、快適に過ごせるお家になりました。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら