加古川市・高砂市で内装リフォームならウオハシにお任せ

夏の夜は寝苦しくてぐっすり眠れないという人が多いもの。心地よい眠りをサポートする寝室のつくり方の基本を知って、夏の夜を少しでも過ごしやすくしましょう。

 

音と光の対策で寝心地のよい寝室に

心地よい眠りを誘う寝室にはさまざまなポイントがあります。なかでも効果的なのが「色使い」「照明」「騒音対策」の3つ。色や照明がもつ効果を上手に利用しつつ、外部の音と光の影響を受けづらい環境をつくれば、寝室がぐっと快適になります。

 

刺激的な色は避ける

まず、寝室に使う色は赤やオレンジといった刺激の強い色は避けた方が無難。
オフホワイトやベージュといった中間色(アースカラー)、ブルーやグリーンなどの寒色系のほうが心が落ち着きやすくなります。

色が与える心理効果は大きいので、壁紙やカーテン、ファブリック類をこうした色を使ってコーディネートすればリラックス効果の高い寝室になります。

 

間接照明でリラックス

次に照明ですが、灯りは青白い蛍光灯よりも暖色系の白熱灯のほうがリラックス効果が高いです。さらに、むき出しの光源は脳を覚醒させるので、シェードで電球全体がカバーされたものや間接照明を使うのがベター。

間接照明を複数配置したり、リモコンで調光できる照明なら、読書やリラックスタイムなどシーンに合わせて明るさを調整できて快適です。

 

窓まわりを見直して騒音対策

最後に騒音対策ですが、外からの音は寝室の窓に内窓をつけて二重窓にすれば防音効果がアップします。内窓を付けることで断熱効果も上がるため、エアコン効率まで良くなるというおまけ付きです。

 

また、リフォームで後付けできるシャッターも防音対策に効果的。シャッターなら外からの光も遮断できるので、より高い安眠効果が期待できます。起床時間に合わせてタイマーで自動に開くタイプなら、朝もスッキリ目覚められそうです。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら